« 寒梅 | トップページ | 立春 »

2009年2月 3日 (火)

節分

季節の変わり目には「〝邪気〟が入りやすい」と考えられている。

その〝邪気〟を追い払う行事が「鬼やらい」ともいわれ、福を呼び込む豆まき。

鬼は「豆の芽が出るころにまた来るぞ」と捨てぜりふを残して退散する。神様は「また豆の芽が出―来る―」ではダメなので、もう芽が出ないように「豆を炒れ」と命じたという。

年の福徳をつかさどる〝歳徳神〟。今年の恵方に向いて〝太巻き寿司〟を食べると「願い事が叶う」といわれている。これを食べるにも作法があるという。しゃべりながら食べると福は逃げるので、無言で願い事をしながら食べ終える。そしてまた、包丁を入れると「縁が切れる」ので、丸かじりするなど―。誰が考え出したかは別として、なるほどと思わせる。

節分が過ぎるとバレンタインチョコの出番。クリスマスケーキといい「商魂に踊らさせてたまるか、この経済が低迷しているときに―」と嘆く声もあるが―。

新たに広まった風習と付き合いながら、季節感を感じるのもいいのでは―。これらで寺社が賑わえば、日本も元気になる…?

Photo_2

|

« 寒梅 | トップページ | 立春 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 節分:

« 寒梅 | トップページ | 立春 »