« 山の辺のみち | トップページ | テッペンの晩秋 »

2009年10月19日 (月)

ジャパニーズ・アネモネ

Oct.19.2009

「秋明菊」。太山寺への参道、古風で立派な家の住まい傍、松の木の「根占」として植えていた?。

最後にキクと名が付くが「菊の仲間」ではない。

アネモネの仲間とあって、交配が進み、花の色は、白、ピンク、薄桃色など。花弁(萼)は、一重から八重咲きなどがあるという。

黄色い蘂の真ん中に丸い子房が印象的。

    ◇    ◇    ◇

形も単純で「茶花」としても親しまれているせいか、この花の全体から落ち着いた感じが生まれる。 

Photo

Photo_2

|

« 山の辺のみち | トップページ | テッペンの晩秋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

EM菌の竹ちゃん様。
EM菌の竹ちゃんを始め、皆さんに「金運」がありますようお祈りしています。

投稿: ほじゃけん | 2009年10月20日 (火) 07時30分

『ジャパニーズ・アネモネ』
ピンクの花弁の中に黄色い丸い子房と黄色の額縁状の小さい花は秋の心を癒す美しい花!!。尚且つ、金運も有りますよ!。このアップに拡大したジャパニーズアネモネは、花風車に連想します。風を送って回して見たい。

マラーミングサラマ・・・。

投稿: EM菌の竹ちゃん | 2009年10月19日 (月) 21時17分

はくさん様。
歩きますな~。大島が小さく感じたことでしょう―。

投稿: ほじゃけん | 2009年10月19日 (月) 17時10分

『アネモネの種が風に吹かれて』
一茎に一花、ピンク色の大輪で咲く「アネモネ」。見過ごして通り過ぎてしまいそうな所を描写。それも草姿がスリムですきり。自然体でいいよ。

花の子房の核(黄色い部分)が枯れてしまうと結末は・・・・。種
手品のように、この種が純白の綿毛におおわれ風に吹かれて子孫繁栄の
旅に出ます。太山寺から北風に乗りやがて誰かさんの近くで種あかし。

【ナビちゃん】へ ここ数日ご無沙汰しています。昨日は今治市吉海町まで足を延ばし「歩いてみようや島四国」に参加しました。約10キロ歩きましたよ、ここでも地元の
お接待を受け歓迎されました。よナビちゃんは人気物ですから大声援を受けるでしょう・・ね『言葉が通じない』ァそう。


投稿: はくさん、 | 2009年10月19日 (月) 12時40分

お花さま。
そうですネ。削除に専念します。
お気づきの点は、ご指摘下さい。
有難うございました。

投稿: ほじゃけん | 2009年10月19日 (月) 10時55分

おはようございます。
秋明菊は、アネモネの仲間だったのですか?なるほど~
最近はよく見かけるようになりました。

コメント欄、また設置されたのですね。
毎日ご訪問の皆様がお喜びになると思います

不逞の輩は、気にせず、削除、削除といきましょう。

投稿: お花 | 2009年10月19日 (月) 10時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山の辺のみち | トップページ | テッペンの晩秋 »