« 松山城 | トップページ | ジャパニーズ・アネモネ »

2009年10月18日 (日)

山の辺のみち

Oct.18.2009

【伊予山の辺のみちを歩こう会】主催・「峠道開通記念ウォーク」が17日に行われた。

目的地までの各社寺では、松山市の観光公認専門ガイドさんから詳しく説明を頂いた。

参加者の中には「これほど内容のある説明に感動した、妻を一緒に連れてきていたら喜んでくれ『山の辺のみち』ファンになったかも…と、しもたことした」と嬉しいボヤキ。

道後公園西口広場で、まずウォーミングアップ。公園内では「野外アート展」が開かれていて難解?なアートもあった。また園内にはフジバカマが満開、蝶が蜜を求めていた

→石手寺では、まずは手洗いをしてご本尊参拝→本堂西側の赤松や雑木林にある石の階段を急登。開けてくると舗装された「松山市市道39号線」に出る(一部工事中)。

→坂道を登り下ると伊佐爾波神社→宝厳寺→常信寺ではモミジが色づいていた=秋の山 欝として 常信寺 子規=・また、この境内にある松山藩、松平定行の霊廟前で郷土の発展に尽くした功績を聞く。この霊廟前には「十月ザクラ」?が咲いていた。

→松山神社→一草庵へ行く途中ホンコンシエンシスが実をつけていた。一草庵では、山頭火の研究をされている方から「山頭火の人生観」を聞く。

→松山大学プールの観覧席で昼食→ロシア人墓地→長建寺→還熊八幡神社

→比翼塚(古事記に出てくる軽皇子・かるのみこ、と軽大郎女(同母の妹)・かるのおおいらつめ、の悲恋物語)で今日の日程を終えた。

秋晴れの好天気に恵まれての皆さんは、お話をジックリと脳裏に納めることが出来て満足感を味わっていた。

健脚者は比翼塚から太山寺に足を向けた。

◇次回は11月08日に「淡路ガ峠」を経由して「浄土寺」までのウォーク。

Aruku

|

« 松山城 | トップページ | ジャパニーズ・アネモネ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いい写真有難うございました。10月桜いいですね。
松山大学プールサイドは風があって気持ちよかったですね。
あれから、太山寺まで歩きました。
少々しんどかったです。でも気持ちのいい一日でした。

投稿: フォレスタ | 2009年10月21日 (水) 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松山城 | トップページ | ジャパニーズ・アネモネ »