« テッペンの晩秋 | トップページ | 横峰寺 »

2009年11月 3日 (火)

深まる秋・テッペン第2弾

Nov.03.2009

今日は明治節。違います『文化の日』。「晴れ」の特異日。

「面河では今が紅葉最高」と夕べの民放テレビ。

ブログは、四国のテッペンルート第2弾です。

ルートの周辺では色づいた落ち葉が山際に追いやられ、側溝に溜まっていて、道路と見間違う。皆さん〝慎重運転〟で渋滞はしたが、溝への「脱輪」は一台もなし。

◎ 行く秋に しがみついたり 蔦紅葉  子規

東黒森の山肌に広がる笹原と木々は晩秋から初冬へと季節は移っていた。

また、下から湧き上がってくる雲と寒風山の雄姿は見事

そしてまた、山腹では深緑に混じって黄、赤、オレンジと、鮮やかに色が増してパッチワークのよう。

Yoshinogawa

|

« テッペンの晩秋 | トップページ | 横峰寺 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はくさん様
農作業に、文化祭にとご多忙のようですネ
星ノ森(海抜800㍍)から見る石鎚連峰は初冠雪となっていたが、6合目付近から上は雲に隠れたままでした。

投稿: ネンダイホリ | 2009年11月 3日 (火) 21時01分

EM菌の竹ちゃん様。
8日以外は空いとるぞな。

投稿: ネンダイホリ | 2009年11月 3日 (火) 20時50分

四国山脈の山々の紅葉前線は麓まで近づいてきました。2,000㍍級の紅葉の素晴らしさは格別です。私の山歩きは石鎚山のみで将来は他の山も冒険しましょう。

本日は紅葉のお話です。
紅葉が美しくなる条件に
 ★昼と夜の寒暖差が大きい
 ★夏から秋にかけての日照時間が多いこと
 ★台風による葉の痛みが少ない
  ことが挙げられるそうです。
また、紅葉の期間は、北ほど短い。
カエデの紅葉から落葉までの日数を平均値でみると、福岡で21日、名古屋では18日、秋田は15日、札幌では11日と福岡と比べるとほぼ半分の日数になっています。
これは、北ほど冬に向かうスピードが早いため。以上豆知識より抜粋。

本日の最低気温6度と冷え込みました。
非農家の二人が東温市で半日近くすごし、草刈や秋野菜の収穫に追われていました。
私は助手で参加しました。次の植え付けは玉葱だそうです。

午前中は雲で山の景色が見られず、午後雲の切れ目で雪化粧が確認できました。あいにく愛する石鎚山は終日見えませんでした。

投稿: はくさん | 2009年11月 3日 (火) 19時34分

『原生林の紅葉』
渓谷を染める紅葉は最高です!!。原生林が鮮やかな赤や黄色に輝いている。面河は今が見ごろ・・・週末には愛車をぶっ飛ばして原生林と渓流をオモッイきり堪能したい。尚、アマゴの渓流料理、鮎の塩焼きを食す。誰か・・・一緒に行きませんか?・・。マラーミングサラマ・・・。

投稿: EM菌の竹ちゃん | 2009年11月 3日 (火) 17時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テッペンの晩秋 | トップページ | 横峰寺 »