« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

大みそか

Dec.31.2009

年越しの準備は済ませましたか―

今年の干支は丑。ゆっくり過ぎていくかと思ったが、アッ!という間の1年だった。

脳科学者は「新情報が少ないと、それだけ1年が短く感じられる」と言う。

来年はアンテナをより一層、張り巡らして新情報をキャッチしようと思っています。

どうかよろしくお願い申し上げます。

今年の漢字は「新」。

新政権。新型インフル。そして、明るい「新」は、イチローの9年連続200安打、そしてまた、ネンダイホリ新規開設のブログ。

10年前は、新千年紀(ミレニアム)にコンピューターが誤作動する「2000年問題」騒動。大みそかの夜、当時の通産省は、警戒のため、徹夜をした。あれから10年たった。

2000年代は今日で終わる。明日から2010年代が始まる。これからの10年はどうなるか。

2009年も残すところ、あと僅か。秒読みが始まっています。

1月末から始めたブログに沢山の方々の、ご訪問を頂きまして感謝、感激しております。厚くお礼を申し上げます。

来年もご鞭撻下さいますようお願い申し上げます。

どうも有り難うございました。ご訪問の皆様、よいお年を…。

◎重信川に架かる高速道路橋の向うに2000年代の夕日が、2010年代への“幕明け”に向かっています。 

今まであったマイナス面は、この夕日が持っていってくれます。

そして、新年からは「喜び」が一杯、「笑い」が一杯、増えてきます。

 『吉兆』を感じる。

種田山頭火は「穏やかに沈み行く太陽を見送りながら、私は自然に合掌した」と―。1年を締めくくる見納めの太陽を見てこう記している。自然を愛してやまない心が伺えます。そしてこうも綴っている。「来年からは新しい人間として、新しい生活を始める』と…。

◎迷う丑年 サヨナラ言って 開けて寅年 景気よく

◎又三百 六十五度の 夕日哉  子規

◎画像の上にマウスポイントを乗せると画像が変わります。

| | コメント (4)

2009年12月26日 (土)

ウォーキング

Dec.26.2009

今年も、今日を入れて6日間となった。

このデフレ時代、「コスト高」の〝不良在庫〟にならぬよう、2010年を迎えるつもりでいるが…。

先日、愛媛県歩け歩け協会主催のウォーキング参加した。実に10ヶ月ぶり―。

参加者87名。

円明寺の境内で「ラジオ体操」後、スタート。

健脚組と、スロー組に分かれて、太山寺に足を向ける。

石段をのぼり、「一の門」をくぐって本堂へ。ここでも、円明寺と同じく、Wさんの先導で「般若心境」を全員で唱え、「来る年も楽しいウォークが出来ますように―」、と、祈願。

カサカサと落葉を踏みしめながら、経ケ森頂上へ―。ここには「十一面観世音菩薩」の像が瀬戸内海に向けて立つ。その坐像の下に、「太山寺発祥霊地」と自然石に刻み込まれていた。

高浜観光港に広島からの高速船が到着間近。四十島周辺の海面は、寒風が白い波頭に変えている様子が伺えた。

Photo

| | コメント (5)

2009年12月 8日 (火)

エンドレス・サマー

Dec.08.2009

【大詔奉戴日】 1944年の12月8日まで毎年、戦意高揚の行事があった。

「真珠湾は三重県にある」と、今の若者は返事するらしい。

指導室のホームページを見ていると、なんとアジサイが咲いている。と、案内している。

早速、行ってみると、ビニールハウスの屋根だけがある圃場に、寒気を押しのけて大輪の花が咲いていた。

梅雨の頃に咲くものと思っていたが…。

その他、いろいろな花も咲いていましたヨ。後日掲載予定。

◎画像の上にマウスポイントを乗せると画像が変わります。

| | コメント (4)

2009年12月 6日 (日)

時雨れ

Dec.06.2009

時雨れていて向かいの山がはっきり見えない。

外環状線は工事中で、外川(重信川)の土手は少し望見できるのみ。

伊豫市方面からの時雨が、谷上山から行道山にかかり始めている。

昔の人は「木の葉の音を「時雨」と聞く」という。騒音の少ない生活をしていると表現が豊か…。 ◎朝時雨 ◎夕時雨 ◎小夜時雨 ◎村時雨 ◎片時雨、など―。

時雨が紅葉を散らし、降る音に哀歓を寄せて…。 

明治25年の師走、正岡子規は、今の北井門あたりを散策?。

県立松山中央高校や外環を挟んで「内川」、「外川」ということ。

この辺りは「かきつばた水源地」、「はぜの木水源地」などがあり、水豊かなところ。

俳句の里「城南コース」12番(松山市教委)から一部引用。

北井門にある句碑。

◎画像をクリックすると少しは大きくなります。

Photo  

Dscn2535

| | コメント (4)

2009年12月 5日 (土)

メタセコイヤ

Dec.05.2009

堀の内。旧野球場、旧競輪場、旧国立病院などが整備され、見透しがよくなった。

北西側のメタセコイヤが紅葉の真っ盛り。高く聳えているから余計に目立つ。

堀の内から見る城山も深紅・黄・緑とマダラ模様のお化粧をしてきました。

昨日も暖かかった。体調はどうかと試しに市内へ…。

国語辞典によると.、「巨大な落葉高木。高さは、時に30㍍にも及ぶ。〔中世代の終わりから第三紀にかけて世界中に繁茂。化石として日本始め各地で知られていたが、中国奥地で原生種が発見されて以来、世界各地に栽培〕あけほけのすぎ」。とある。

Metasekoiya

| | コメント (5)

2009年12月 2日 (水)

旅立ち前

Dec.02.2009

師走だというのにタンポポの花が咲き、種を飛ばしていた。

向う3ヵ月は「暖冬」と予報が出ている。

重信川の南面の土手では、気早く?花を咲かせ、パラシュートを作り、風にまかせて実を大空に旅立たせていた。

このタンポポは健康を助ける重要な植物。天然のため副作用がなく、ホルモンのバランス調整、生活習慣病全般の予防と改善が期待されるらしい。

Dscn2363

| | コメント (4)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »