« 壱両 | トップページ | 旧花博 »

2010年1月13日 (水)

初詣ウォーク

Jan.13.2010

◎『山の辺のみちを歩こう会』主催の「初詣ウォーク」がこのほど開かれ、参加した。

総勢45名。日尾八幡神社へ。三輪田米山が大書している鳥居をくぐり階段を上る。

広場でウォーミングアップ。指導はヨガ講師のKさん。

浄土寺・空也上人が滞在した時に植樹した松。かつて、その枝が境内一面を覆っていたそうだが、今はもう、大きな切り株だけが、当時を語りかけるだけ。奥の院の牛峯山には四国八十八ヵ所のご本尊が並ぶ。「発心」・「修行」・「菩提」・「涅槃」の道場を一周する。

浄土寺の本堂を取り巻いている青地の幕に、途切れた丸い輪が連なっている紋が白く染め抜かれている。これは、真言宗「豊山派」の印ということで納得。

繁多寺の手前の池では子供さんが、ブラックバスやブルーギルを相手に釣り糸を垂らしていた。「釣れるか~」「釣れんのよ」。しかし、寒さには負けていない。

弘法大師が改名したとされる繁多寺。また、数々の高僧が排出されたことからも有名。本堂の左に寄り添うて通称「お聖天さん」が鎮座・インドの「歓喜天」という神様が祭られている。

参拝後、へんろ道を縫って下り、「桑原八幡神社」へ。

お宮は、松山の八社八幡=①伊佐爾波 ②桑原 ③日尾 ④雄郡 ⑤日招 ⑥朝日 ⑦還熊 ⑧阿沼美=の中に数えられている。

参拝後、松平定行初代松山藩主の隠居所である東野の「お茶屋跡」(県指定史跡)へ立ち寄る。◎閑古鳥 竹のお茶屋に 人もなし 子規  ◎ふるさとの この松伐るな 竹切るな 虚子 の句碑も建つ。観音堂は清水寺を形どり、池は琵琶湖を模して造られているそうだ。

昼食は、「そば定食」や「日向めし」。「掘りゴタツ」形式だったので、疲れかかっていた足を伸ばして休めることが出来た。焼酎、そして金箔入りのお酒、生ビール、お正月とあって、いろいろと話が弾んだ。会員皆さんの連帯感ピッタリ…。

国宝の仁王門をくぐり、51番札所「石手寺」。参拝後、皆さんが「石柱」に聞き耳を立てる。

それは、道後の湯が滔々と流れている〝音〟を聞くため。

「聞こえるか」、に、「聞こえる」、「聞こえない」と、騒々しい?。

石手寺本堂に向かって左の「へんろ道」をかけ上り、伊佐爾波神社へ。

回廊には、今、話題の『坂の上の雲』を偲ばせる日露戦争。そのとき旅順で戦い、亡くなられた戦友の功績を讃えるため、額が奉納されていた。

135の階段を下ったその階段を見上げると、「八幡宮」の額がかかる楼門が見える。僅かに左を向いている。それは、旧「湯月城」を見下ろして造られているそうだ。

皆さん、家内安全・無病息災を願った初詣は無事終える。

会員さんの中には、松山観光公認ガイドさんが数名おられるので、関係ヵ所では、細かく説明をいただきました。

有難うございました。

今回の解散場所は「伊佐爾波神社」。

ここから、Wさんは、椿さんを通り越して自宅まで歩いた。

また、Sさんは、西高校を通り越し、三津の自宅まで歩いた。

お二人はタフガイでクレバーなのである。真似は出来ません。

これからの『山の辺のみちを歩こう会』主催のウォーク

◎「梅津寺観梅ウォーク」 ◆2月21日(日) ◆堀江駅→和気→勝岡神社→白石の鼻→松山観光港→梅津寺パーク→見晴山→大丸山→港山

◎「チャレンジウォーク2010」 ◆3月22日(日) ◆JR松山駅→菊間駅→瓦ふるさと公園→掌禅寺・金龍桜(樹齢2百数十年のエドヒガン=愛媛の名桜=)→歌仙の滝→立岩川→モンチッチ海岸→JR北条駅 (約20㌔)

Photo_2

|

« 壱両 | トップページ | 旧花博 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

柚子っ子さま。
会員の皆さんは、何でも良く知っているので楽しいことばかりです。
「多幸、多幸揚がれ」!

投稿: ネンダイホリ | 2010年1月13日 (水) 21時12分

松山に生まれて半世紀はとおに過ぎた。何にも松山のことを知らない。実感しました。
皆さん、ポケットから泉のごとく湧き出でて、尽きることのないお話、楽しい一日でした。今も思い出し笑い。ウフ。
はくさん様
「効果?」、今日ね、年末わくわくプレゼントでお買い物券千円当たり!。ウフウフ。

投稿: 柚子っ子 | 2010年1月13日 (水) 20時41分

はくさん様。
今年も〝笑いが一番〟。
リードの程、お願いします。

投稿: ネンダイホリ | 2010年1月13日 (水) 20時01分

『初詣ウォーク2010』

この実話を読むと参加できなかった方の「初詣ウォーク」の一日の行動が手にとるようにわかる。

歩きながらの風景や情景を細かく観察されガイド役の説明に、馬の耳のようにアンテナをはりめぐらし、コメントを頭脳にメモする力は先天性がうかがえる。

この「歩こう会」の魅力は「公認ガイドさんの歴史の勉強」と、「どこからともなく大きな笑いの波が押しよせる」ことだ。

ブログに休日はなく、脚力にはまだまだ負けてはいない。
探究心が旺盛で情報力は計り知れない。
グレバーば逆にネンダイホリさんかも知れない。

柚子っ子さま

いろいろな道を歩み続け頭に資料を保管している様だ。まだまだ足元にもよれない。

めぐちゃんさま

花が咲くとすぐに効果(高価)があるのが分かりました。初子祭りでご縁(5円)が当たりましたから貯金します。

投稿: はくさん | 2010年1月13日 (水) 16時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 壱両 | トップページ | 旧花博 »