« 万両. | トップページ | 百両 »

2010年1月 9日 (土)

千両

Jan.09.2010

イヤー めでたい めでたい 。

冬の彩りに、この「千両」も最高!。

だけど、「クジヲクル」。それは、万両は〝寒風〟に強いが、千両は弱い。半日陰で寒気の当らないところが好き。

景気のよい名前を付けてくれているのだから、今年は景気よく華やかに…。

そしてまた、今年の干支は寅。その勢いを借りて豪勢な人生に?…。

見せかけの「張子の虎」にならないよう、「がんばらない」、「あきらめない」、「なげ出さない」を、前に押し出します。

千両箱=小判、千両入りのほか、2千両、5千両も少なくなかったらしい=

千両役者=劇場用語で最高級のスーパースター・江戸時代、歌舞伎俳優の給与は、年間「千両」が、まず最高の額だったところから生まれた言葉らしい=

◎雑煮くふて よき初夢を 忘れけり  子規

08

|

« 万両. | トップページ | 百両 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

めぐちゃん様。
最高のお正月を迎えて、家の中は、お目出度い花が「華やかさ」を演出していることでしょうネ。

投稿: ネンダイホリ | 2010年1月10日 (日) 07時18分

確かにすっきりとした立ち姿はまさに千両役者。 正月の花活けに使うのも千両が多いですね。ことしは花屋さんのいうには実の付きが悪いので南天を進められました。が、年末切っていただいた青竹にはやっぱり千両のほうが似合いました。松、アイリス、千両、黄菊、銀着色の竹の花材でいけました。ちなみに、流派は御室流。

投稿: めぐちゃん | 2010年1月 9日 (土) 19時56分

柚子っ子さま。
千両の実を沢山つける方法、知りませんか。

投稿: ネンダイホリ | 2010年1月 9日 (土) 19時46分

はくさん様。
竹炭窯フィールドにも「千両役者」がいたのですネ。
初釜、お目出度いスタートがきれましたネ。

投稿: ネンダイホリ | 2010年1月 9日 (土) 19時43分

センリョウの木のたたずまいは、とっても上品。千両の値がありますね。
花言葉(可憐・富)
千両の実をこぼしたる青畳  今井 つる女

金・銀よりも探しにくい「セリ」、明日のウォーク、石手寺の前の小川に群生していないかしら?。

投稿: 柚子っ子 | 2010年1月 9日 (土) 18時57分

『千両の演技』

千両」は赤い実が葉の上に付くので「万両」より鳥たちの餌になりやすい。
千両は演技派だ。

花期のシーズンの6~7月ごろ花が咲くが花弁もがくもない、あるのは一個の雌しべと一本の雄しべだけで、簡単な花の構造だ。

目立たなく、地味な花は赤い実の盛りたて役だ。

千両も万両の陰で控えめにしている、心憎い演技に感激する。

演技といえば、きょうは新しい窯の火入れ式だ。
窯の威力に驚いた。予想外に早く煙が終了の合図に一同が唖然とした。これも本当の千両役者かもしれない。

投稿: はくさん | 2010年1月 9日 (土) 17時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 万両. | トップページ | 百両 »