« 西日本一 | トップページ | 邪気を払う »

2010年1月 3日 (日)

初詣

Jan.03.2010

伊予豆比古命神社へ初詣。

ネンダイホリの「一年の計は元旦」でなく、「3日目」に神前で…。

午前中だったせいか、混雑はなかった。

拝殿の前で、お賽銭を投げ入れ、健康の印に、元気よく鈴を鳴らし、手を合わせ、目を閉じて、二拝二拍手一拝。家族へ、友人へ、知人へ、自然へ、と、快楽を願った。

大・中・小・末吉など、沢山のおみくじが、「寅年も多幸でありますように…」と、願い、ロープに固く結ばれていた。

◎画像の上にマウスポイントを乗せると画像が変わります

|

« 西日本一 | トップページ | 邪気を払う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

柚子っ子さま。
2日の市駅は、デパートで「福袋」を求めるお客さんの車か、動いていなかった。市駅→末広町→石手川に架かる橋まで、数珠繋ぎとなっていました。
お子さんと共に家族連れの方々が、重信川の土手で、三々五々「凧揚げ」を見ました。微風のため、お父さんは、走り回わるも揚がらず、悪戦苦闘していた。
柚子っ子さんが言われるとおり、「初春の華やかさ」は、どこへ行ったのでしょうか―

投稿: ネンダイホリ | 2010年1月 4日 (月) 10時16分

初日の出・初詣、イマイチ新年を迎えた気分がしない。昔は、松の内は、しっかりお正月気分だった。初売り、福袋こちらも年中やっているような気がする。
はくさん様のように明日は下を見て歩こう。思いがけずお正月気分にひたるかも。

投稿: 柚子っ子 | 2010年1月 3日 (日) 20時25分

はくさん様。
凄いことを見たのですネ。
カラスの「貯食」とは…。
カラスは偉い?

投稿: ネンダイホリ | 2010年1月 3日 (日) 17時28分

『今日も小春日和』

年末年始に日本列島が吹き荒れた。
その余波が家の中に忍び込み大騒ぎだ。
足の踏み場がない、何処からか物が飛んでくる
ようやく今日の午後から低気圧が北に去る。

初詣は椿神社だった。孫の楽しみは「東京ケーキ」だ、数十人も並んでいる。辛抱強く我慢する。
近くの公園で寒風に吹かれるのにおとなしく口に入れ、大人も真似をする。元旦の午後のひと時だった。

今日は小春日和だ。最低気温が7℃と暖かい。

午後から陽気さに誘われ歩いた。
珍しい光景に出合った。

信号機が赤になった。近くの川沿いに
一羽のカラスが丸くて黒いものを嘴に挟んでいた。
近くをウロウロしている、そのうちV形の溝に挟んでいたもの(餌と思う)を落とした。

ココからが凄い動作だ。
一つ、二つと小石を拾い「あるもの」を隠したのだ。貯食したのだ。
何事もなかったようにカラスは西の方角に飛んでいった。

カラスの習性として
「何を何処に隠したのかを繰り返しているうちに脳に記憶させる」と書かれていた。
いつ頃食にするのだろうか。

明日も下を見て歩こう。思いがけない出来事に当たるかも。

投稿: はくさん | 2010年1月 3日 (日) 17時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西日本一 | トップページ | 邪気を払う »