« 福寿草の里を歩く | トップページ | お花見ウォーク »

2010年3月29日 (月)

本尊山&花見

Mar.29.2010

国際ハイキングを引き継いでいるSさんが主催する「本尊山ハイキング&お花見」に参加した。(3/28)

朝は、鉛色の雲が空を覆っていたが、JR上灘駅に到着後は、『参加者の元気』に恐れをなし、雲は東の空に去って〝春光〟はいっぱい広がった。

【本尊山、中世城郭跡】=内灘に突っかかるようにそそる山容は、「城」を構えるのにふさわしく、双海町誌によると、最初の築城は平安時代後期にさかのぼる。また、中腹から柱状節理が見られ、明治初期から割り石として、一部は部屋の装飾として採掘されていた。

この〝春興〟に、総勢16名は元気ハツラツ。本尊山に足を向けた。

雨後で足元が悪く、その上、標高(187)は低いが〝急登攀〟もあって「登山をした」と、実感する。

ソメイヨシノは3分から5分咲き。風も弱く、ポカポカ陽気で〝花時〟は最高!。

それぞれが〝花筵〟を敷いて、サァ、と構え「お花見」となる。ここは、「ふたみ潮風ふれあい公園」(伊予灘が180度開け、絶景の眺望場所)。

日本酒・高級焼酎・ビールなど。

ガスストーブでお酒を沸かし、フライパンで「ジャコ天」・「ソーセージ」などを温め、皆さんに振舞うのは、登山の経験豊富な、この会の主催者Sさんご夫妻。

そして、参加者のKさんなどから、「酢物」・「ゼンマイの煮物」、また、採れたての「ワサビ漬」があって「スペシャル花見」に花を添えてくれた。

久しぶりに参加したが、Sさんご夫妻の参加者に、明るい笑顔で接し、変わらぬ配慮が行き届いており、感謝、感激しました。

ますます『会の発展』をお祈りします。

本当に有難うございました。

Photo

|

« 福寿草の里を歩く | トップページ | お花見ウォーク »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

めぐちゃん様。
主催者のSさん、参加者に合わせた登山も含めてのご高配に、お互い感謝!ありがたい事この上なし。

投稿: ネンダイホリ | 2010年3月30日 (火) 07時47分

 昨日はお伴できて楽しかったです。下りしなに足をすべらせて打ったおしりが今頃痛いです。
 主催者ご夫婦のあたたかいおもてなしに厚かましくもおもわずコップを出してしまい(^-^;
しかも2杯もいただいてごきげんでした。
なんか登山した気分で高揚してます。

投稿: めぐちゃん | 2010年3月29日 (月) 20時33分

はくさん様。
主催者が心からのご配慮で盛り上がりました。

投稿: ネンダイホリ | 2010年3月29日 (月) 20時05分


登山日和にめぐまれ、益々の健脚ぶりに充実感を味わいながらのハイキングに汗を流された事でしょう。

始めてみる画像に、円錐の形の本尊山の頂では足場に御苦労のあとがうかがえます。
しかし苦労の後には疲労を忘れさせる手作り料理に酒宴とは羨ましいかぎりです。
超多忙な一日お疲れ様でした。


投稿: はくさん | 2010年3月29日 (月) 16時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 福寿草の里を歩く | トップページ | お花見ウォーク »