« 垣生界隈を訪ねて | トップページ | 鉄サビ »

2010年5月28日 (金)

山椒バラ

May.28.2010

バラ科・バラ属だけあって、枝は野バラの肌をした「サンショウバラ」。

Dscn4009

「驚き 桃の木 山椒の木  あたりき 車力よ 車曳き  蟻が鯛なら 芋虫ゃ鯨 …」と、活きのよい言葉は急に止まれない。

森の交流センターには時々行っているが、この「山椒バラ」の花を初めて見た。葉の濃い緑にマッチさせ、淡いピンク色の薄化粧が印象的だった。

山椒独特の葉の香りは、普通?の山椒より低く、柔らかい感じの香りがした。

Dscn4005_4

|

« 垣生界隈を訪ねて | トップページ | 鉄サビ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

めぐちゃん様。
私もこの花を知りませんでした。
「犬も歩けば…」で、バラの花を撮りに行った時、発見?しました。

投稿: ネンダイホリ | 2010年5月28日 (金) 21時28分

お花さま。
どなたが名付け親かは知りませんが、日本の特産?の「サンショウバラ」?。
「バラ」コーナー内の端で、気高く2㍍以上の木を茂らせ花をつけていました。

投稿: ネンダイホリ | 2010年5月28日 (金) 21時24分

何とも言えない淡さと甘さのあるはかなげなはなびらと、葉が似合わない気がしますがこんなバラがあるんですね。
またべんきょうになりました。
この頃はすこし肌寒い日が続きます。
みなさん、風邪などを召されないようにお過ごしください。

投稿: めぐちゃん | 2010年5月28日 (金) 21時06分

ネンダイホリさん こんばんは~
薔薇の花が咲く山椒があるのかと、ビックリしました

一重の花びらは、可憐ですね
美人さんのサンショウバラを見せて頂きありがとうございました。

投稿: お花 | 2010年5月28日 (金) 20時31分

はくさん様。
コスモス畑のサンショウの葉とは比べ物にならないほど香りは薄かった。

投稿: ネンダイホリ | 2010年5月28日 (金) 16時34分

ウラン様。
野バラを撮りに行ったら散ってしまっていた。
来年を待つことにする。

投稿: ネンダイホリ | 2010年5月28日 (金) 16時31分

「ひと目みた時すきになったのよう・・・」と鼻歌が出た。
そんな気分にしてくれた抱擁のある花「サンショウバラ」花開いた時はピンク色、開くにつれて淡い色に変化するという。
悲しい事に花は二日かと、もたない一日花。綺麗な花ほど短命で綺麗な花ほど棘がある。
ネンダイホリさんが今日もサービスをしてくれた。
画像の右の上に花が散った後の実を映している。グリーン色したまわりには棘がたくさん生えている。

「人を惹きつけるスポットライト」は写真と絵の共通点であることを学ばしてもらった。
この一輪の五枚の花弁は、夜には静かに無言で散る。
しかし、しべだけは元気に跳ねまわっている。

山椒で思い出しました。
石手川のコスモス種まき作業のあと、○○さんが山椒の木を見つた。仲間に入って葉を頂戴した。
家内が山菜と山椒で佃煮を作った。香りで食欲増進。味は、うけあいますが、重さはしりません。

投稿: はくさん | 2010年5月28日 (金) 14時14分

野生のバラ、とっても魅力的、チャーミング。鋭い棘も何のそのやっぱりあなたが好き!。

投稿: ウラン | 2010年5月28日 (金) 13時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 垣生界隈を訪ねて | トップページ | 鉄サビ »