« オオタニワタリ | トップページ | 真夏の香り »

2010年6月28日 (月)

裏に道あり

Jun.28.2010

昨日の最高気温33.5度。身体の置き処がなかった。

重信川界隈の裏道にも、いろいろな植物が花を咲かせ待ってくれていた。

グラジオラスは満開近し。房藤空木も小さい花をつけて垂れ下がっている。

年中咲いているウキツリボク、うっとうしい梅雨の雰囲気を明るくしているよに見える。

Photo「うど」の群生に出会う(約30坪)。誰も相手にしてくれないのか?大きく伸び放題。そして、その隣では「西洋段竹」が広範囲に茂みを作っていた。

Photo_2 

|

« オオタニワタリ | トップページ | 真夏の香り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

めぐちゃん様。
ウキツリボクは1.5㍍四方位の面積に一本植えてあり、満開を迎えていました。

投稿: ネンダイホリ | 2010年6月28日 (月) 21時23分

はくさん様。
「魚も潮時」といいますからネ。
頑張ってください。

投稿: ネンダイホリ | 2010年6月28日 (月) 21時20分

ウラン様。
松山高速道から約100㍍離れた小川に沿ってあります。

投稿: ネンダイホリ | 2010年6月28日 (月) 21時18分

ウキツリボクってフクシャによく似てますよね。こちらへ来たころ、フクシャが地植えしてあるとびっくりしました。だってフクシャは寒さに弱いんですもの。なんと暖かいとこかと感動したことを思い出します。

ウランさま。
ウド気になりますよね。
秘密情報。梅ジャムには小うめのほうがいいって。酸味が少ないから。
2回ほどゆでこぼし(湯がふきこぼれても気にしないレンジが酢できれいになるから)ザルにあげ種を取り(ざるのなかでごしごししたらとれる)
砂糖を加え煮る。

はくさん様
太公望でしたね。次回朗報をお待ちしてます。

投稿: めぐちゃん | 2010年6月28日 (月) 21時04分

ネンダイホリさん

魚釣りの準備に手落ちなく、今出へ。
時刻は午前7時、すでに釣キチさんが指定場所で不動の姿勢。
天候は晴れに心浮きうきなだめるのに苦労する。

異口同音に釣れないと嘆く、5月頃の情報と変化なく帰途。
時計は10時。大漁節は何時までたってもとどかず。

今日の不漁の予感を察知したネンダイホリさんが、これで我慢と「ウキツリボク」をサービスしてくれました。
和名が凄い「浮釣木」と書くそうで、花が空中に浮かび吊り下がっていることに由来するという。

赤色が顎で5稜形とは珍しい、黄色の花弁に雄しべが突き出ている。花色が綺麗に下垂している姿に、今日のことを忘れてしまった。

次回は、いつ頃訪れるのでしょうか、潮時表と相談してみます。

投稿: はくさん | 2010年6月28日 (月) 13時31分

華やかな裏道ですね。
ゴージャスな浮釣木、エビでクジラが獲れそう。私は、ウドの群生が気になります。どちらの場所か、そっと教えてくださいな。来年の春、までにね。

投稿: ウラン | 2010年6月28日 (月) 12時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオタニワタリ | トップページ | 真夏の香り »