« アオバズク | トップページ | ヒメボタル »

2010年7月16日 (金)

豪雨のツメ跡

Jul.16.2010

12日朝、松山では3時間の雨量が観測史上最大の103㍉を記録「県民の宝」夏目漱石ゆかりの「愚陀仏庵」が城山の土砂崩れで全壊した。また、松山市内や松前町では床上、床下浸水の被害が出た。その一部は自宅近くの、古川西でも道路、田畑の冠水があり、警察、消防も出ている映像がNHKの「いよかんワイド」でも放送された。そして、この水は松山中央公園まで流れて、「アクアパレットまつやま」の「循環用ポンプ」が浸水し営業を停止していたが、今日13時から再開の予定。

昨日、雨が久しぶりに止んだ。この雨量が観測史上最大であった証拠を記録しようと、『重信川周辺』をうろついた。

Dscn5962_2 その昔、松前町から重信川を渡し舟で渡って松山市内には入る発着地点付近の写真。柳の木に引っかかっているゴミで流量が判断が出来る。水面が50センチ高ければ自転車専用道を流れていたと思う。川向こうの建物は市坪の「塵芥焼却場」。

Dscn6006_2 森松付近の重信川に架かる重信大橋付近。柳の木にゴミが引っかかっていて、水面はここまで上がっていたことが分かる。しかし、のり面を越すには約2メートルの余裕があったと考える。

Dscn6013_2 ここは、「かきつばた浄水場」付近の水路。この金網の中にはアヒルが飼育されている。この金網にゴミが付いているが、ここまで増水していたようだ。

Dscn6016_2 東温市内を源流としている自宅前の内川。上流から流れついた石油製品のゴミが川べりに付着。増水の跡を物語っている。約1㍍増えるとオーバーフローするほどだった。

|

« アオバズク | トップページ | ヒメボタル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

城山の子さんへ。
12日朝の記録的な豪雨は、松山城へのウォークまで奪っていたのですか…。早く修復できればいいですが―。

投稿: ネンダイホリ | 2010年7月17日 (土) 05時27分

毎朝の散歩コースが、土砂崩れで通行止めで、残念です。早く城山へ登れます様願います。

投稿: 城山の子 | 2010年7月17日 (土) 00時12分

めぐちゃん様。
天候不順で野菜は値上がり気味。
今年の夏も順調に…お互い祈りましょう。

投稿: ネンダイホリ | 2010年7月16日 (金) 22時01分

南のほうはすごかったんですね。もっとも城山も崩れるほどですから。テレビで梨に被害がでてひび割れた絵が流れていました。秋のお楽しみが一つ減りました。春先の霜でジャガイモの苗が
やられたのでいまじゃがいもは秋の収穫までチョイ高。
梅雨明けてからもこんなゲリラ豪雨がきたらお米も心配ですね。どうか夏らしい夏が訪れますように。
でもみなさまに被害がなかったのがなによりです。

投稿: めぐちゃん | 2010年7月16日 (金) 21時23分

はくさん様。
「『稲光』で豊作」を願うのみ―。

投稿: ネンダイホリ | 2010年7月16日 (金) 20時11分

明日も不安定なお天気とか。雷さまには気をつけましょう。
豪雨の凄まじさコミセンの東側の中の川も今日は泥水が勢いよく流れていました。ギラギラと照り注ぐ太陽が恋しいです。

投稿: ウラン | 2010年7月16日 (金) 20時09分

ネンダイホリさん

午前中の空模様から急転し、午後から機嫌の悪い雷がゴロゴロと鳴り響く、時には稲光が車窓から見えた。
松山市の上空を絶え間なく動き回っている雷は、消えそうにない。
今週のスタートは豪雨。このような経験を思い出すが、頭脳が冴えず記憶がもどらない。
各地で土砂災害が発生し被害をもたらしたが、幸いにも死者がでなかった。
野菜不足が高騰を招き、家計は不安というが米はどうだろう、秋の収穫までお預けだ。

投稿: はくさん | 2010年7月16日 (金) 18時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アオバズク | トップページ | ヒメボタル »