« 月下美人 | トップページ | オオオナモミ »

2010年10月12日 (火)

紅白の萩

Oct.12.2010

先日、国際ウォークに参加した際、社寺も巡った。

その時、真っ盛りの萩を見つけた。

ピンクの萩は、唐の高僧「鑑真」が創立した唐招提寺へ行く途中、生垣から枝が長く飛び出して咲いていた。

また、奈良の天理市内にある長岳寺。その本堂前には極楽浄土の世界を表現した庭園内に白い萩とヒガンバナが咲いていた。

        ◎画像の上にMPを置くと画像が変わります。

|

« 月下美人 | トップページ | オオオナモミ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

EM菌の竹ちゃん様。
(´・ω・`)ショボーン 焼酎などアルコール類がなく残念。

投稿: ネンダイホリ | 2010年10月13日 (水) 08時05分

ネンダイホリ 様

萩は秋の七草のひとつ、まほろばウォークのピンクの萩&白い萩は小花で美しい。枝ぶりはピンクはしだれ型、白は上向き型になっていますね。取材ご苦労様です感謝!!。

「前日の月下美人」

時系列での撮影、集中力&忍耐力での深夜までかかってのご提供・・・マラーミングサラマートゥ・・・さまです。1年間に、たったの一夜の開花は本当に素晴らしい月下美人です。

因みに、ネット調査結果⇒月下美人の「焼酎付け」(ホワイトリカ)咲いた状態で焼酎漬けにすれば数十年咲いたままの状態だそうです。尚、焼酎も美味しく飲めるそうです。お試しくださいませ。 有り難う御座いました。

投稿: EM菌の竹ちゃん | 2010年10月13日 (水) 02時48分

はくさん様。
大漁節が聞こえていましたが、はくさん宅からだったのですネ。
瀬戸内海の魚が少なくなりますので、程々にお願いします。

投稿: ネンダイホリ | 2010年10月12日 (火) 20時13分

ネンダイホリさん

奈良盆地では目の輝きが普段と違うまなざしで歩いた。
初めての風景に圧倒されたが、植物の名前は沢山教えていただいた中でも、「萩」は忘れなかった。
傍を通っても目立つわけでなく、挨拶ができる花でなく、白に赤の小花が地味に広がりを見せてくれるだけですが、印象だけは強かった。萩の花って可愛らしいですよね。

そろそろ重くなった腰を働かせる頃になってきましたが、今頃のシーズンは釣には最高の時期という。
秋雨も去り風も穏やかで、晴れ間が覗くからといわれている。
祭り前の2日間は、三崎町三机へ餌まきにいった。えさの効果か15㌢クラスの鯖が数十匹も揚がった。それに吊れられたか不漁のゼンゴがここでは遠慮なく針にかかった。その晩は高級ホテル?を予約した。
あくる日の早朝にもゼンゴは、岸壁近くに餌探しにきていたので無言で釣り上げた。釣果はまあまあ。
散歩の人が近頃にない釣果に首をかしげて去った。家内と二人が笑みを浮かべた。

投稿: はくさん | 2010年10月12日 (火) 11時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月下美人 | トップページ | オオオナモミ »