« 酔芙蓉 | トップページ | ローゼル »

2010年10月30日 (土)

タデ

Oct.30.2010

タデ科の内で巨大な花穂をもつ「オオケダテ」は、江戸時代から栽培されているらしい。

今ではどこにでも咲いており、野生化している。

【タデ属】を一緒に載せました。他にヤナギタデ・ツルソバ・ミゾソバ・ママコノシリヌグイなど探せば沢山ある。

しかし、長いモノは、冬眠はしていない。まだ這っていますヨ~ォ~。撮るのを止めました。

この大きい画像はオオケダテで、17時前に逆光で撮ったので画面が暗くなった。

下から空へ…。見上げると、うろこ雲が秋空高く浮かんでいる。

男1「ホジャケンド秋の空ジャアネヤ」

女1「ナンジャァナ?大声デオラバレン」

男2「コレガ、ソウヨ、さば雲!」

女2「ソレワチガワイ、いわし雲ユウノヨ

男3「イワシ、サバ。ドッチモ魚関係ジャガナ」

女3「ソウユウタラ、うろこ雲ッテ、ユウノモアッタナァ?」

男2「オチョクラレン。メンメニ、ユウタラ、ワカラン」

女1「ソローミ。イチガイナコト、イワズニ。ドレガ、オオトルノゾナ」。

女3「ドレモ、コレモ、オオトルノヨ」

男1「サブナッテ、「ドンザ」ヲ着ル時分ニナッタケン、空ノ雲モ、カワリヨライ」。

この空の如くイワシが取れればいいが、近年不漁らしい。

それだろうか、好物のウルメイワシの干物が高い。

Photo

|

« 酔芙蓉 | トップページ | ローゼル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

めぐちゃん様。
龍馬気分と、錦秋も手伝って最高のウォーキングになることでしょうネ。

投稿: ネンダイホリ | 2010年10月31日 (日) 08時34分

蓼食う虫もなんとやら。
けっこうかわいい花に見えますよ。
ブログに乗せてもらえて光栄です。
秋の夜長に半纏かどてらなんぞをひっかけて盃をかたむける。
いいですね。
わたしは久しぶりにきょうはゆっくり朝寝を決め込み休養でした。
明日は梼原へウオーキングにいってきまーす。
台風もいったようだし。

投稿: めぐちゃん | 2010年10月30日 (土) 21時22分

EM菌の竹ちゃん様。
それぞれのタデの花。薄いピンクに心も誘われます。

投稿: ネンダイホリ | 2010年10月30日 (土) 19時59分

はくさん様。
「ドンザ」=袢纏(はんてん)。
古い布を重ねて〝刺子〟にして、上着として着ていました。
いわゆる、羽織に似て襟の折り返らない〝上っぱり〟。
いろりを囲んで、ドンザを着てチビリ、チビリと一杯いかがですか。

投稿: ネンダイホリ | 2010年10月30日 (土) 19時58分

ネンダイホリ 様

タデもいろいろ・・・タデの名の付く花々は秋を代表する野の花です。

家の田んぼの水路の畦端にピンク色の素晴らしいのが沢山ありますよ!!

花は綺麗ですが、農家には逆転、厄介者ですネ。私は、タデを見つけると

何時も強い除草剤を吹きつけて処分しています。ゴメンナサイネ!!

ブログに載せて頂いたので、今後はチョッと考えます。

有り難う御座いました。

投稿: EM菌の竹ちゃん | 2010年10月30日 (土) 19時19分

ネンダイホリさん

タデ科の草花も身近なところに、育っているとあらためて知りました。
流石にお仲間だけに姿や形がよく似ています。

名前も可愛い「ヒメツルソバ」は、ピンク色に小型の手毬のような花を付け、元気をアピールしています。
が、しま模様の葉っぱは一人前に紅葉するんですと、油断できませんよ。

秋空の下り坂の前兆にでる雲を、男女が問答している。面白い対決は女性が締めました。
気になる「ドンザ」?とはどんな衣類でしょうか、教えてください。

投稿: はくさん | 2010年10月30日 (土) 16時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 酔芙蓉 | トップページ | ローゼル »