« ヒレタゴボウ | トップページ | じゅず玉 »

2010年10月18日 (月)

ヨモギの花&みの虫

Oct.18.2010

ヨモギと蓑虫。

◆ヨモギ。

草餅、葉を乾燥してモグサに、牛小屋ではヨモギを刈り取ってきて燃やし、蚊をいぶりだす。

5月の端午の節句には菖蒲とともに風呂に入れ、精油して香気に、そしてまた、漢方に…と、使用頻度は高い。

           人やさし 花をつけたる よもぎぐさ  篠崎圭介

Photo_4

蓑虫。

堤防を歩いていると、なんとヨモギの枝にぶら下がっている蓑虫を見つける。

本物の雨具の蓑には程遠いが、小さな枯れ枝を細工してミノに付けている。

器用さでは、ネンダイホリが負けている。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。....。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

|

« ヒレタゴボウ | トップページ | じゅず玉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

EM菌の竹ちゃん様。
ヤイトの話をしていると限りない。
ミノムシは懸命に生きていく。
「竹炭釜」が恋しくなる季節になった。

投稿: ネンダイホリ | 2010年10月19日 (火) 07時43分

ネンダイホリ 様

よもぎの想い出は、子育ての頃、おねしょをするので、長男のお尻の尾骨の真ん中当りに、やいとをすえた
ことを思い出しました。今では虐待ですよね。(女房と二人で押さえつけて・・・)
今でも時々あれは、虐待だったねと・・・反省しながら話しています。

ヨモギ餅は栄養価も高いし、美味しいので大好きです。

ミノムシは枯れ葉や枯れ枝で上手く粘性の糸を絡めて作っています。ミノムシはこれから越冬の準備かかり
雨風にも耐えられのでしょうね。
私も、ミノムシにあやかり、雨風のウォーキングの時、雨対策で、スパッツ&ドレッキングシューズが欲しい!!
有り難う御座いました。

投稿: EM菌の竹ちゃん | 2010年10月18日 (月) 21時39分

めぐちゃん様。
イタズラをすると「ヤイトをすえるぞ」と、脅かされていました。
ヤイトのあとは両手首付近にあります。

投稿: ネンダイホリ | 2010年10月18日 (月) 20時43分

よもぎもちは大好きだが、もぐさには嫌な思い出がある。
幼少のみぎり、いたずらをして手にやいとをすえられたのです。
隣のおばさんまできて泣きわめく私を押さえつけてやられました。
今だと児童虐待ですよね。

投稿: めぐちゃん | 2010年10月18日 (月) 20時06分

はくさん様。
久しぶりに見た「蓑虫」。
完全武装?これで越冬ですか。知りませんでした。

投稿: ネンダイホリ | 2010年10月18日 (月) 17時51分

ネンダイホリさん

キク科の花は目立ちやさんが多い中で、ヨモギの花は異色でしかも地味な姿に唖然とします。
これでは昆虫がよりつかず、受粉の助けはどうするのでしょうか心配です。
上手くできていますよ、自家受粉をするそうですが、それは風を味方にしているそうです。

か弱いヨモギの枝につるされた、ミノムシの我が家つくりも完成し、越冬準備完了の合図をしていますが、これで冬が越せられるんですね。

投稿: はくさん | 2010年10月18日 (月) 15時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒレタゴボウ | トップページ | じゅず玉 »