« 小菊三様 | トップページ | 蝶豆&花綿 »

2010年10月 5日 (火)

大和路まほろば国際スリーデーウォーク

Oct.05.2010

参加の皆さんから多大のご配慮をいただいたおかげでよく歩き、完歩することが出来ました。

第一日目は豊かな大自然に囲まれた吉野路。サクラだけではない、信仰の街並みと古道を歩いた。

山伏が集う吉野のシンボル金峯山寺。役行者がヤマザクラで蔵王権現の姿を安置したことに始まっているとか。

とにかくこれらを参拝しながら長い階段、急坂を上下する。

「おかげ」がありました。

伊勢神宮・出雲大社に並ぶ日本最古のひとつ「大神(おおみわ)神社」参拝。参道は玉砂利で埋め尽くされていた。

真言宗豊山派総本山「長谷寺」。仁王門から本堂へ続く約400段の長い登廊、ボタンの咲く頃には見事とのこと。昼食には「柿の葉ずし」も食べた。

◆1日目/総歩数=25.300歩   ◎参加者/約1300人。

二日目は1400人余、前日より100人余り多い参加者。桜井市役所前をスタート。

「石上(いそのかみ)神宮」。神武天皇ゆかりの神剣などを祀る古社。境内には木に登る神鶏も見られた。

「長岳寺」は、弘法大師が開いたとされる名刹。花寺として有名なところだそうですが、〝春〟に咲く花々が多いのか、その姿は見られず。

野仏お地蔵さんも迎えてくれた。地面には「歴史街道・山の辺の道」の案内板が埋め込まれていた。名産「三輪そうめん」も食べ放題と言っていたが、冷たい水だけで済ます。

農産物も沢山売られていて、トウガラシは「魔除けにもなる」と説明している。

白川ダムではのんびりと竿を垂らしている釣り人もいた。その奥はに万葉の森を見る。

夕食は「イチジクの天ぷら」「ざる豆腐」などをオーダーした。味は最高。

◆2日目/総歩数=41.800歩  ◎参加者/1432人

三日目はウォークには参加せず、それぞれが、それぞれの思いの歴史の社寺を訪ねた。

1300年の時空を超えて甦る「平城京跡」。

その主要建物「大極殿」は天皇の即位式や外国使節との面会など政治の重要な儀式に使われていたそうです。

「平城京歴史館」では、遣唐使の歴史や渡航の様子をドラマチックなアニメで―平城京の街並みをリアルに再現されたていた。さすが現代の技術を駆使していた。また、天平の衣装を借りて見学をしていた人も見かけた。

3日目/総歩数=18.600歩  ◎参加者/約1800人

日本最古の官道「山の辺の道」。

はるか縄文、弥生に源を持ち、今もなお未来へ続いてゆく道。その道で日本史を今に見ながら、思いをはせながら、「その先の歴史に足跡を刻んでいる」のだと―。

今回のウォークで古道を辿り、歴史の源を訪ねることが出来たことは大変意義深く、驚嘆の連続だった。

同行の参加者に、地元出身の方がおられ、社寺を案内していただき、パンフにもないお話で、これまた嬉しさ倍増、感動した。大変お世話になりました。

有難うございました。

|

« 小菊三様 | トップページ | 蝶豆&花綿 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

めぐちゃん様。
今に残る歴史の舞台を「歩いて訪ねる」ことが出来、最高のウォークでした。


投稿: ネンダイホリ | 2010年10月 6日 (水) 07時34分

みなさんのおかげで、久しぶりに奈良を歩くことができ楽しさも百倍でした。有難うございました。
1日目に「歩きたくなる日本の道50選」を買ってしまった。
帰りのバスで大会役員を務めておられたK氏にそれは今年で終わりだと教えられ、がっかり。
100選がでるんだそうですね。さすが、はくさん様、早耳。
みなさん健脚ぞろいでついていくのがせいいっぱい。
2日目の終わりごろは腰に来てました。
でもまた参加したいな。

投稿: めぐちゃん | 2010年10月 5日 (火) 22時16分

はくさん様。
四季折々の花や古都にふさわしい伝統のまつりなど、どの季節に訪れても楽しみいっぱい。度々訪ねてみたところですネ。

投稿: ネンダイホリ | 2010年10月 5日 (火) 12時00分

ネンダイホリさん

大和路「まほろば」とは「素晴らしい場所」「住みやすい場所」という。
歩く足はまほろばの道を実感しているが、耐えることも憶えている。
吉野山の長く続く登り道は標高差300㍍余りの行基法師コース、山の麓を通る山の辺の道は、柿の木と曼珠沙華と話ができる小野妹子コース。

車でなく、足で稼いだ経験はアクセスをしっかり頭脳に刻んでいる。歩きたくなる百選に、再挑戦の気運が高まります。もう来年の話をしている。
これから「奈良」の記事も気になり、経験が楽しく広がりを見せてくれる。

ネンダイホリさんが物語を綴り、スライドショーでお土産を沢山紹介しています。
有難うございました。

投稿: はくさん | 2010年10月 5日 (火) 11時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小菊三様 | トップページ | 蝶豆&花綿 »