« コセンダングサ | トップページ | ヒレタゴボウ »

2010年10月16日 (土)

ウドの花

Oct.16.2010

今朝5時の気温、久万では8.5度。松山は14.0度。

錦秋に 心も染まる ハイキング。

今日はチョット、大自然の小さな花に声を掛けに行ってきます。

季節の移り変わりは見らる?。

瓶ガ森(1896㍍)~伊吹山(1502㍍)経由土小屋まで―。

お天道様に「晴天で、遠望出来ますよう」祈りながらブログに手を付けています。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

ウドの花。

芽の出始めに取ると香りが高い。

どんな料理にも合って重宝がられている。

秋も半ばになると、枯れかかった枝先に蕾が沢山ついていて花を咲かせ始める。

その蕾は放射状態。

ウドと言えば筍。加入している「竹の子クラブ」は来月、竹炭釜のシーズンに入る。

         ◎画像の上にMPを置くと画像が変わります。

|

« コセンダングサ | トップページ | ヒレタゴボウ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

EM菌のたけちゃん様。
竹炭窯のフイールドのテーブルに心は向いています。
そのが来るのを指折り数えて待っています。

投稿: ネンダイホリ | 2010年10月17日 (日) 07時09分

ネンダイホリ 様

ウドは秋の半ばになると枯れ掛けた木に花が咲くのですね。此の花も味噌和えにすれば如何ですか・・・?香りもありそうで、柔らかそうでいけるのでは?春先まで待てない!!大きな木の上に可憐な蕾&放射状の素晴らしい花が咲いている。うどの花は初めて知りました。勉強に成りました。早く、竹炭窯のフイールド上のテーブルで味噌和えが食べたいですね。尚、タラの芽の天ぷらも・・・欲しいです。 有り難う御座いました。

投稿: EM菌の竹ちゃん | 2010年10月16日 (土) 22時57分

はくさん様。
あのウド独特の香りと、味噌や酢の微妙な香りが合わせられて、
早春の最高の香りとなってテーブルにのる…。 
日本は、何をするにも四季に富んでいていいですネ。

投稿: ネンダイホリ | 2010年10月16日 (土) 21時19分

ネンダイホリさん

きょうは、天高くこの秋最高の晴れ舞台で、石鎚山の全景が地上からも目視できて、山歩きもサイコウ。

春の山菜の好きなひとつにウド、見つけると童心のように身震いします。
そっと手を添え柔らかい動作をすると観念したのか、ウドの動きがとまります。
気の毒だがゴメンとことわり仕入れると、香が小さい風にのって運ばれて来る。

ウドの花には縁がなくお相手したことはありませんが、咲いた姿が放射状とは上手い表現です。
ウドの大木と言われるだけあって、花に勢いを感じます。
ウドさん来春も沢山食べさせて下さい。約束しましたよ。

投稿: はくさん | 2010年10月16日 (土) 13時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コセンダングサ | トップページ | ヒレタゴボウ »