« 竹炭窯新設 | トップページ | 新竹炭窯 »

2010年11月27日 (土)

晩秋の空

Nov.27.2010

カラスも家路?に急いでいる夕刻、空が焼ける前の青空に、一直線の飛行機雲を見る。

     夢を追う 一直線の 飛行雲

2枚目の画像、ススキの穂が夕空に映えて白く輝き、一直線だった飛行機雲が崩れている。

◎画像の上にMPを置くと画像が変わります。

|

« 竹炭窯新設 | トップページ | 新竹炭窯 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

MRTさんへ。
深夜の初訪問にお礼を申し上げます。
この画像は、高度何千㍍かは知りませんが、東の方向に飛んでいました。
その時、ジェット機が白い航跡を残しながら飛んでいました。
そのため、コン・トレイルと思っていました。
今後ともよろしくご指導くださいませ。
有難うございました。

投稿: ネンダイホリ | 2010年11月28日 (日) 07時46分

ちょっと、お邪魔します。これは飛行機雲ではなく『ケムトレイル』と呼ばれるものではないでしょうか。
 その証拠に、この様な航跡が毎日見られ、空が白空か、せいぜい水色空の毎日でもう青空はありません。
 ケムトレイルで画像、動画を検索したり、『ケムトレイル・気象操作掲示板』等をご参考頂ければ幸いです。各地の散布がわかります。
 アメリカ、ドイツは大手マスコミが報道せざるを得ない状況で、日本もそろそろでしょう。
 お写真を拝見しても、空が白っぽい、粉っぽい感じです。昼夜分かたず散布する事が多い為そうなります。
 日本はアメリカのカリフォルニア州程度の広さしかない為、大型機で周回散布が可能です。その為、田舎とされる所でも目撃されます。

また、曇りの日はバレないので散布しまくりです。梅雨の時期は気付く人も減ります(要は毎日散布するという事です)。

最近は夜間散布が拡散して、朝一から空は白い事が多いです。

投稿: MR.T | 2010年11月27日 (土) 23時57分

アスパラのお母さんへ。
異様な光は、限りない幸せを約束してくれます。

投稿: ネンダイホリ | 2010年11月27日 (土) 20時41分

めぐちゃん様。
畑からの帰りに撮りました。

投稿: ネンダイホリ | 2010年11月27日 (土) 20時40分

EM菌の竹ちゃん様。
宇宙へ行って見たいですネ。

投稿: ネンダイホリ | 2010年11月27日 (土) 20時39分

はくさん様。
「お膳」の向きを変えると、相手がよくわかりますネ。

投稿: ネンダイホリ | 2010年11月27日 (土) 20時38分

美しさを越えて不気味よ。
雲は灰色に光、吹き飛ばされている。家の前の木々は風と雨にもまれている。窓ガラスはがたがた鳴り始めた。怖いね。

投稿: アスパラの母 | 2010年11月27日 (土) 20時20分

秋の雲の流れを見てると飽きませんね。
秋の残光に輝く銀色のススキの穂、刻々と移り行く空。
思わずシャッターを切りたくなる光景です。
素敵なシーンをありがとう。
さすがネンダイホリ様。

投稿: めぐちゃん | 2010年11月27日 (土) 20時16分

ネンダイホリ 様

天空は地上より100m高くなる毎に0.6度下がる。飛行機の飛ぶ高度は1万mでは60度も気温が低く、外はマイナス40度以下の世界出そうです。この様な状態でエンジンの周囲の空気を吸い込んで、圧縮燃焼させ、300~600度となった排ガスを出すとその中の水分が急に冷やされて凍り、雲となって白い飛行機雲になる。なんて、素晴らしい一直線の飛行機雲でしょう!!。ベリーグッド!!。

一口メモ

飛行機雲がすぐに消える時は上空が乾燥しているので良い天気が続き、逆にすぐ消える時は上空の湿度が高いから雨になるそうです。

何れもネット調査より。

ブログの飛行雲を眺めて一直線で延びていく、一筋の飛行雲をじっと見ていると暫し、楽しい夢の国

へ行けそうだ!!。有り難う御座いました。

投稿: EM菌の竹ちゃん | 2010年11月27日 (土) 18時33分

ネンダイホリさん

きょうも、晩秋とつき合う青空のもと、広い室内で踊りの交流会が開かれました。

初冬も、もうそこに顔を覗かせている、弱い風に揺れるススキも、夕焼けと仲良く映る姿も、去る知らせが近いという。

冬の季節のバトンも確実に、歩み寄るニュースが見られ、聞かれるようになった。
「歩こう会」も、もみじ狩りウォークのあとで忘年会を明日迎えます。

障がい者と初めて社交ダンスを踊りました。
メガネのおくでは笑みを浮かべ、足は敏捷にはこび、リード役も翻弄される動きに、圧倒されました。

障がいにも負けず参加されたKさんは、お別れするとき固い握手に、「きょうは、楽しかったよ有難う」の満足感で介添え者と去られました。
このとき、ダンスの趣味をつづけてよかったと、熱いものを感じました。
竹炭窯はお休みしましたが、朝早くからの裏方さんと演技の二重と多忙な日でしたが、幸せと充実の一日でした。

竹の子クラブの皆さん作業は、はかどりましたか?応援有難うございました。


投稿: はくさん | 2010年11月27日 (土) 17時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 竹炭窯新設 | トップページ | 新竹炭窯 »