« サクラが咲いた | トップページ | サルビアの仲間 »

2010年11月14日 (日)

竹炭窯周辺清掃

Nov.14.2010

竹炭窯。

今シーズンの「窯開き」を前にして雑草の処理をした。

T代表以下9名の方々が、それぞれ鋸、鎌、などを使って清掃。

何んと、あの猛暑も何のその、タデ.なども辺り一面に広がりをみせていた。その中で、「ヨウシュヤマゴボウ」は根元の直径は4㌢位で、鎌の刃がこぼれそうなほどピンクの大木?となっていた。イノシシも大きな穴を掘ってエサ探しにやってきている箇所がそこかしこにある。

2台の動力草刈り機のエンジンは唸りを上げて聖域を綺麗に刈り上げた。

女性の方々も手早い。おかげで10時半ごろには清掃が終わる。

Nさんご持参のご神酒を窯の上に置き、二礼、二拍手、今シーズンの無事を祈った。

これで次回からは、小鳥のさえずりを聞き、季節の移り変わりを拾い、共存できそう。

また、安心感に満ちた喜びいっぱい、笑顔がいっぱいのフィールドになると思う。

とにかく、大自然のドラマが素晴らしく展開する竹炭窯フィールドは至福の時間!。

帰路に着く前、持参していただいたカステラ、イチジクなど、全員が輪になってご馳走になる。

お神酒に酔いました。大変おご馳走になりました。

有難うございました。

次回は、20日(土)。鋸を利用して孟宗竹を切断等、窯焼き前の工程がある。

|

« サクラが咲いた | トップページ | サルビアの仲間 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

アスパラのお母さんへ。
深夜のお立ち寄りに感謝申し上げます。
キレイな大気が、果てしなく夢を駆り立ててくれそう。

投稿: ネンダイホリ | 2010年11月15日 (月) 11時38分

皆様のパワーで美しくなった竹炭釜フィールド、猪さんも小鳥さんも笑い声に満ち溢れた基地にご訪問!。私カステラケーキも気になるなるのだけれどー。

投稿: アスパラの母 | 2010年11月15日 (月) 00時10分

EM菌の竹ちゃん様。
快笑、快汗で、竹の伐採、窯の据え替えなど、順調よく運ばれます
ネ。

投稿: ネンダイホリ | 2010年11月14日 (日) 20時33分

はくさん様。
愛情いっぱいのフィールドになりました。
草刈り機の音から、小鳥のさえずりが耳に入ってくるよう念願しています。

投稿: ネンダイホリ | 2010年11月14日 (日) 20時29分

ネンダイホリ 様

竹炭窯周辺の清掃は会の9名にて、行われ没頭する事2時間で完了。

グループ員のパワーは凄い!!予想外に早く終わる。此れで竹炭窯活動の

基礎となる清掃、整理、整頓、清潔が終わり、うれしい事です。

安全に作業が出来る様に成りました。

次回よりは、竹の伐採、ドラム缶も新品を調達しましたので窯の据え替え予定です。

尚、竹炭窯の活動を情熱を持って高めて行きますので今後共ご協力

を宜しくお願いします。有り難う御座いました。

投稿: EM菌の竹ちゃん | 2010年11月14日 (日) 20時16分

ネンダイホリさん

常信寺のお隣、松山神社の石の階段を中学生の男女が、
朝早くから清掃活動。13日14日の両日は七五三のお参り。

わが竹炭窯も負けずに、静粛な空間に主役の草刈機の唸る音が竹林に広がる。
数年前に植えられた数本のモミジが、雑草が茂るすき間から元気な姿に出会った。
また、刈られた草花から明るい光が、そそぐと緑の色が似合う姿に感動した。
「もう大丈夫」よと、心の内でささやいた。

誰となく「作業の進行は頭の数の多さよ」と付け加えてくれました。
身をも隠す雑草は、会員の驚く力の支えではかなく処理された。
これで竹炭窯も洋洋たる前途が約束された。嬉しいことです。

投稿: はくさん | 2010年11月14日 (日) 19時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サクラが咲いた | トップページ | サルビアの仲間 »