« 葉佐池古墳 | トップページ | 晩秋の空 »

2010年11月21日 (日)

竹炭窯新設

Nov.21.2010

本日もご訪問いただきまして、有難うございます。

暑い!暑い!を、この間まで連呼していたと思ったら、過ごしやすい季節は素通りして、朝夕は寒い!寒い!を連発するようになりました。

そこで「竹炭窯」が恋しい季節を迎えた。

T代表が、竹炭窯用に心を込めて作り上げたドラム缶。新しい窯に取り換えた。

Photo_2無風快晴。

「竹炭」に惚れこんだ総勢7名が、旧窯を掘り起こし、愛をこめて新しい窯に取り換えた。

先日の作業で雑草を取り除いていたので、今回の作業はスムーズに出来た。

  ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

来月に予定している新しい窯の火入れに備えて、孟宗竹を切り倒す。

窯に合った寸法に切り、竹炭用に小さく割る。

皆さんは作業を「楽しんでいる」ので手早い。

昼時は、お茶、コーヒー、お神酒などの飲物、そして「ニューB級グルメ」などが、テーブル上を今回も占領した。

そしてまた、紅一点、Sさんのおかげでフィールドは華やか。小鳥のさえずりが聞こえないほど“笑い”に包まれた素晴らしいひと時となった。

楽しい事・嬉しい事だらけの竹炭窯フィールド。は最高!

来週の土曜日に「また会いましょう」とフィールドを離れる。

|

« 葉佐池古墳 | トップページ | 晩秋の空 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

EM菌の竹ちゃん様。
深夜に度々のご訪問、有難うございます。
「竹炭窯」、2基とも新品。
より一層精が出ますヨォ~。

投稿: ネンダイホリ | 2010年11月22日 (月) 11時01分

ネンダイホリ 様

今期、初めての竹の伐採、竹きり、竹割等・・・皆様要領よくスムースに作業が流れましたネ。

作業に没頭する姿皆様の姿は本当に素晴らしい!!いい汗をかいて、そして目が輝いていました。

此れで、今期も安全に竹炭焼き&竹の伐採が出来ると確信&安心しました。今期も宜しく

ご協力お願い申し上げます。

尚、フイールド上のテーブルには焼き芋、コーヒー各人、持込のグルメ盛りだくさん有り、

休憩時&ランチタイム時は和気あいあいの笑顔が一杯でしたネ。竹林の大自然界は元気の源で

です。コゲラもくちばしで木をつつく、コツコツと可愛い小さい音で迎えてくれました。

もうー1基の新窯の工作は昨日出来上がりました。今回は慣れと要領が良くなり鉄鋼作業も

短縮され2:30⇒1:00分で所要済。次回に据え替え予定。有り難う御座いました。

投稿: EM菌の竹ちゃん | 2010年11月22日 (月) 01時05分

アスパラのお母さんへ。
とにかく、料理屋さんにはないモノばかり。
味も格別。談笑に花咲く。

投稿: ネンダイホリ | 2010年11月21日 (日) 22時11分

竹林に囲まれた空間は、別世界ですね。
Sさんの 愛・LOVEで溢れた、青のりで巻いた
おにぎりが見えるわ。 も格別の香りが画面から漂ってくるわ!。

投稿: アスパラの母 | 2010年11月21日 (日) 21時18分

はくさん様。
寒気が増すにつれて、竹炭窯への愛着も増してくる。

投稿: ネンダイホリ | 2010年11月21日 (日) 21時17分

ネンダイホリさん

春の盛の4月下旬に離れた竹炭窯も、半年をすぎると再開のシーズンを迎えました。
竹林に囲まれたここは、明るさと暗さの空間が交差する場所でもあり、
緑の色彩に癒やされるところでもあります。

ベテランのご指導で、一人一人の作業手順が手際よく進むような体制が築かれ、
個人の行動力が発揮されます。

リーダの食事の合図に、手を休めようとしない会員さんは、午後の段取りを計算されている。
ホットコーヒの香りが食欲をひきだし、手弁当に口が忙しく動く様は、労働の疲れも吹ききれる。

スライドショーに流れる画像も、竹炭窯の素晴らしいページを披露していただいています。
働く喜びとその姿勢に、毎回感謝とチームワークの素晴らしさも痛感している。


投稿: はくさん | 2010年11月21日 (日) 10時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 葉佐池古墳 | トップページ | 晩秋の空 »