« 富有柿 | トップページ | ミカンの日 »

2010年11月 2日 (火)

ココチェリー

Nov.02.2010

ブルッ!。寒い。今秋初めて10度を下回り、最低気温が9.5度。平年より0.6度低かった。

実が付いた枝の下の名刺には「ココチェリー」とある。

初めて見る。夏に花を咲かすそうですが、花の容姿は知らない。

ご覧のような実は、赤ちゃんのホッペそのまま。

だからだろうか、花よりも実を付けた切り花が生け花用として珍重され、花市場でモテモテだとか―。

花キ研究指導室の圃場で見つける。

Photo

|

« 富有柿 | トップページ | ミカンの日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

めぐちゃん様。
晩秋の軟らかい日差しに実は照り返していました。
何かしら愛着がわいてきますネ。

投稿: ネンダイホリ | 2010年11月 3日 (水) 06時32分

かわいい花や実を上手にさがしてくれますね。
ココチェリー、アンパンマンのお話にそっくりな赤ちゃんマンというキャラクターがありますよ。

投稿: めぐちゃん | 2010年11月 2日 (火) 22時23分

EM菌の竹ちゃん様。
「花売りコーナー」にあれば、と行って見たが出ていませんでした。

投稿: ネンダイホリ | 2010年11月 2日 (火) 21時40分

ネンダイホリ 様

ココチェリーは私も始めてみました。ピンクで優しさ、暖かさ

女らしさを、かもし出している綺麗な切花です!!。

サクランボにも似ていますが、色&形も違いますね。

何はともあれ、赤ちゃんの様なほっぺの如くの優しい形&色は

幸福感を与えて呉れるココチェリーです。

有り難う御座いました。

投稿: EM菌の竹ちゃん | 2010年11月 2日 (火) 21時31分

はくさん様。
さて、味はいかがですかネ~。
誰か食味をしてくださいヨ。

投稿: ネンダイホリ | 2010年11月 2日 (火) 21時15分

ネンダイホリさん

そっと一つ拝借と手が騒ぎます。
珍しさのうえに、綺麗な色艶がたまらないココチェリーは、
薄い赤色の実を上むきにみせ、その態度も堂々とした風格がみられます。

チェリーですから食べられると思いますが、どんな味がするのでしょう。
待つてくださいよ、実を付いた切り花が生け花として市場えとは、
食するのではなくファションショーです。嬉しいですね見に行こう。


投稿: はくさん | 2010年11月 2日 (火) 17時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 富有柿 | トップページ | ミカンの日 »