« 蔦紅葉 | トップページ | 新竹炭窯「火入れ式」 »

2010年12月 4日 (土)

森林浴第52番

Dec.04.2010

昨日の県内は強風が吹き荒れ、交通機関に影響が出た。日本海の低気圧が発達したためで、宇和島で31.3メートル、松山では17.6メートルの瞬間最大風速を記録。暴風警報まで出た。この低気圧の通過で降水量は23.0㍉。野菜には慈雨となった。

「えひめ森林浴88ヵ所・第52番」⇔『森の交流センター』。

今どきの花を探して園内を歩いてきました。

このセンター内には、スローな時間が流れていた。時折、ヒヨがビィービィーと鳴き声を聞かせてくれるだけ。そして、風が吹くとヒラヒラと黄・紅の葉が舞い地面を覆う。

これら1本、1本の木を見上げるとき、清々しさ、懐かしさ、静けさ、を感じる。

サザンカ。花の少ない晩秋から初冬にかけ、皿が嶺連峰から吹き下ろす冷たい空気に誘われるように咲きこぼれている。紅葉の後、寂しい冬の庭や生け垣にいろどりを添えてくれている「優しい花」だと再認識。

今年を反省する時期でもある。

ネンダイホリの手足になって支えてくれているコンデジ。肉眼では見えない「美しい花」、また「木の心」を引き出してくれている?。

色々に写真を撮るときは、常に花や木と会話を交わしながら、「一番可愛らしいお顔を・・・」、と注文?をつけながら…。

楽しい発見は数知れません。しかし、技術やアングルは、まだまだ勉強不足「序の口」も最下位にいる。

そしてまた、今日はSD Cardをカメラに入れ忘れ、肝心の火入れ式など記録が出来なかった。

T代表をはじめ、ご参加された方々、誠に申し訳ございません。次回からは再確認して参加します。すみませんでした。

来年にむけても皆様のアドバイスを賜りながら、1枚の小さな写真から何かを感じ取って頂けるような(心が癒されるような)写真が撮れるよう精進して参りたいと思っています。

どうかよろしくご声援くださいませ。

          無職でも それなりにある スケジュール

|

« 蔦紅葉 | トップページ | 新竹炭窯「火入れ式」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

アスパラのお母さんへ。
12月も多忙!。華やかな日々でありますように…。

投稿: ネンダイホリ | 2010年12月 4日 (土) 20時53分

はくさん様。
今日は里山で、明日からは海で、新鮮な空気をお腹いっぱい吸いこんで・・・・・。の~んびり、魚と戯れてください―。

投稿: ネンダイホリ | 2010年12月 4日 (土) 20時52分

EM菌の竹ちゃん様。
ぼつぼつ歩みます。
よろしくお願いします。

投稿: ネンダイホリ | 2010年12月 4日 (土) 20時51分

今日は火入れ式だったですね。
私方、わかりやすい考古学講座「古墳時代の器と窯跡」。
朝鮮半島から伝来した須恵器。これは1200度から1300度で焼かれたもの。マキを入れる加減がむつかしいと。入れすぎても不完全燃焼、少なくても温度が上がらない。竹炭窯を思い浮かべました。明日は、小野の遺跡見学バスツアーです。
映画、野菊のごとき君・・・・・・。私、松田聖子ちゃんだっけ?
今日から、「武士の家計簿」、年末だから行かなくちゃ!。

投稿: アスパラの母 | 2010年12月 4日 (土) 20時37分

ネンダイホリさん

嵐の後の静けさとは、今日のような日をさすのでしょうか。
また、紺碧という言葉が似合う空は、今日のような空をさすのでしょうか。
堪らない空模様に踊らされ、奉仕活動に汗を流して笑のうずにまかれ、嬉しいもてなしに感謝の気持ちで一杯です。
ここは、常信寺裏の竹林と竹炭窯の出会いの場所で、初窯に火をともしたよき日です。

スライドから流れるように、草花や木々が季節をいそがせている。
冬の色気の薄い景色に、赤や白のサザンカの花がいっそう目立ちます。また咲いた花から放つ香りが大好で、暫く動く動作をやすみます。

あすから、漁師さんの真似をしてきます。1泊2日の予定ですが、魚が穴場を教えてくれるか心配です。

投稿: はくさん | 2010年12月 4日 (土) 20時11分

ネンダイホリ 様

森の交流センター&花き研究指導室はネンダイホリさんの一番愛してる、そして癒し、和み、研究、集中力、健康、脳の活性化を計っている最高の大好きな場所ですね。私たちに情報を流して頂き本当に感謝します。
スライド写真を見て楽しませて頂き幸せです。今後共、良い情報をお待ちしています。

本日の竹炭窯の火入れし式は点火&窯の燃焼状況は絶好調だったですネ。此れも皆様方のご協力のお蔭です。尚、SDカード入れ忘れの件・・・・・お任せ下さいませ。

私の携帯ドコモFOMA機種の為、火入れ式の映像は上手く取れていると確信していますので、此れからメルアドを調べて送信しますのでご活用下さい。 有り難う御座いました。

投稿: EM菌の竹ちゃん | 2010年12月 4日 (土) 19時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蔦紅葉 | トップページ | 新竹炭窯「火入れ式」 »