« 新竹炭窯「火入れ式」 | トップページ | 御幸寺山 »

2010年12月 8日 (水)

ワルナスビ

Dec.08.2010

快晴の朝、最低気温が3.2度。平年より1.7度低かった。

わが畑には何でもアリ。

この寒い時期に、北アメリカからやって来たワルナスビが生え、花を咲かせている。

牧野富太郎博士が、千葉県で発見したものを持ち帰り、自宅の庭に植えたところ、増えてなかなか絶えない。そこで「ワルナスビ」と名付けたらしい。

Photo

|

« 新竹炭窯「火入れ式」 | トップページ | 御幸寺山 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ナス科の花、とっても可憐よね。それにしても牧野博士、あんまりです。虫の居所が悪かったのね。何とか可愛い名前にならないでしょうか。博士。

投稿: アスパラの母 | 2010年12月 8日 (水) 21時39分

EM菌の竹ちゃん様。
ネンダイホリ、年末を控えてアズリコンドルぞな!黄色の“夢”を追っかけてミマショウワイ。

投稿: ネンダイホリ | 2010年12月 8日 (水) 21時03分

ネンダイホリ 様

悪茄子は読んで字の如く嫌われ者ですネ。食用の茄子と葉っぱも茎も似ています。茎や葉っぱの裏に鋭い刺が一杯出ていて手鎌で刈り取る時などは怪我をしそうですよ。ネンダイホリさんの畑の悪茄子を刈るときは充分気をつけて怪我をしない様にして下さい。尚、ジャガイモの芽毒で知られるソラミンなどの毒素が含まれているそうですよ。お気をつけ下さいませ。

でも花は可憐で有り、果実は私好みの黄色の球形をしています。⇒金運有り・・・・・・。

私こと本日、○○銘柄・・・12:30最高値で刺し、売り!!ヽ(^o^)丿満足感一杯爽快な気分でした。

悪茄子の黄色の球形果実様のお蔭です。金運を有り難う御座いました。

投稿: EM菌の竹ちゃん | 2010年12月 8日 (水) 20時46分

はくさん様。
寒気来る。エアコンは夜になってもoffになっていません。

投稿: ネンダイホリ | 2010年12月 8日 (水) 19時43分

ネンダイホリさん

煮ても焼いても食えない植物の代表とは名前の通り「ワルナスビ」。
葉や茎には鋭い棘、黄色の実は食にはならず、繁殖は旺盛で何処でも遠慮なく侵入すると知りました。
何も利用できない悪草は、蜜や花粉を求めて飛んでくる昆虫のみが喜ぶものなり。

こちらは、煮ても焼いてもよい「なすび」とは比較になりませんが、ネンダイホリさんの畑には、すでに花を咲かせているとか、困った草花が育ったものですね。

朝の冷え込みから、石鎚連峰には雪化粧が確認できました。
寒帯地区の部屋では、小型の電気ストーブを利用していますが、そろそろ冬支度を始めますか。

投稿: はくさん | 2010年12月 8日 (水) 17時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新竹炭窯「火入れ式」 | トップページ | 御幸寺山 »