« 御幸寺山 | トップページ | 火の用心 »

2010年12月12日 (日)

竹炭初窯出し

Dec.12.2010

Photo_3年末ご多忙の折からお立ち寄りいただき厚くお礼を申し上げます。

竹炭に花や動物の絵を描き、芸術性を持たせたのが絵つき竹炭」。

焼き上がった竹炭から、炭の表面状態・硬さ・形を厳選、洗浄・乾燥する。

1_2「絵が描けたらなあ」と思う。ひとふで描きで四季の風物を、桜や梅、年越しそば等々、多彩な絵を描くことで脳の活性化になるらしい。

玄関や居間のインテリアとしていかがですか…。

昨日お見えになったお客様のFさん、Nさん、「ちぎり絵」の大家とお聞きしている。

いまから「竹炭に描いた『ちぎり絵』」を首を長ぁ~くして待つことにしています。

さて、昨日は真新しい窯から、今シーズン初の窯出しの日だった。

期待した通り、窯から出す際、キンキン・カンカンと金属音がして立派な竹炭が出来上がっていた。

Dscn2600

総勢9名。久しぶりに笑い声が祝谷にコダマする。

Dscn2628 作業途中、天気図の等圧線が縦縞模様になるその前の前線の通過で、お愛嬌にも小雨が降ってきた。それには皆さんカッパなど持参で雨対策もバッチリ。

Dscn2617 竹炭窯に新しい竹を入れ、火を点ける。

また、竹炭の材料作りに孟宗竹の伐採などに精を出す。

Dscn2613 雨宿りはテント内。そこにいたネンダイホリは、ヒガシヤマ・焼き芋・そばボウロ・ギンナンに手を出した。Dscn2612 そして、会員の皆さんと雑談に花が咲く。

午後には、手土産をもってお客さん(Oさん・Fさん・Nさん)が、噂の『竹炭窯』を見学にやって来られた。

「一流」と呼ばれるこの竹炭フィールドには、他のどの場所にも替えがたい雰囲気がある。背筋をピンと伸ばしながらも感じる居心地の良さ。サービスされる人と、する人の誇りが響き合う空気がいっぱい。竹炭窯会員を最高に仕立ててくれる。

積極的なお客さんばかりで、曇天の中に華やいだ雰囲気が一気に盛り上がり賑わいを見せた。おご馳走になりました。厚くお礼を申し上げます。有難うございました。

Dscn2667 昨日は、特別超A級グルメ (坂の上の雲・ディズニーのお菓子・レモン、ピーナツ入りおにぎり・超特大の海苔巻おにぎり・渋をアルコールで抜いた柿・パイナップル・日本酒・巻きずし、等々) がテーブルを飾った。

コーヒーもよかった。

日本茶も美味しかった。“この上なし!”。

|

« 御幸寺山 | トップページ | 火の用心 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ネンダイホリ様 はくさん様
突然お邪魔を致しまして 大歓迎を受け 感激致しました、竹炭窯とはどんなものか想像も出来ませんでしたが 皆様のご協力で素晴らしい 今年の一番窯から出来あがった、品質の良い竹炭を拝見
し、又沢山 頂戴し本当に有難うございました 自然の中で 気心の合ったお仲間と 美味しいものを 持ち寄り 窯の火入れから 火を閉じて来週の 窯出しまでの期待のワクワク感が ひしひしと 
伝わってまいりました 又是非お邪魔させて下さいませ 竹酢液 ジックリ熟成させます 使用出来るのを楽しみにいたしております 又竹炭に ちぎり絵がアップ出来るようなのがのができたら良いのですが ありがとうございました

投稿: のぶりん | 2010年12月13日 (月) 17時44分

めぐちゃん様。
好天に恵まれ、温泉に恵まれ、最高の一日でしたネ。

投稿: ネンダイホリ | 2010年12月12日 (日) 22時21分

おめでとうございます。きょうは初窯出し無事最高の竹炭ができたようでなによりです。
新しい窯の威力素晴らしいです。また、にぎやかなおきゃくさまをむかえフィールドにはいつもの倍
笑い声が満ちていたことでしょう。
わたくしめは今日も自分を追い込んでいました。
好天に恵まれ高知の鶴松森で野苺のブッシュを藪こぎです。
三等三角点、1100m、四国百山(百名山ではない)なぜ百山なのかわからないので
登山者も少なくみちがところどころ見失うことあり探し探しの登山でした。
頂上は南は開けていて太平洋が一望でき感激。布施が坂より上り帰りは風車の丘へ降り
須崎の久礼大正市場でお買いもの、黒潮本陣でのお風呂の一日でした。お疲れでした。

投稿: めぐちゃん | 2010年12月12日 (日) 21時33分

EM菌の竹ちゃん様。
チームワークの成せる業ですネ。
よろしくご指導くださいませ。

投稿: ネンダイホリ | 2010年12月12日 (日) 21時21分

アスパラのお母さんへ。
竹炭の細工情報が知りたいですネ。

投稿: ネンダイホリ | 2010年12月12日 (日) 21時19分

ネンダイホリ 様

今期新品のドラムで工作した新窯の初窯出しの竹炭焼き状態の結果はNO-1,2基共に

金属音のする硬い炭が出来上がっていました。おめでとう御座います。此れも皆様の結集された

チームワークから生まれたものです。嬉しい限りです!!そして炭焼き時間も昨年使用のドラムより

炭焼き所要タイムが大幅に短縮されました。(材の水分率が高いのに関わらず2時間程度の短縮化)尚、うちわで扇がなくても、煙突へ自然排気する。

竹酢液も2基で4⇒6L に増。(プラス2L)

本日より体調を崩していたO様が初参加しました。ようこそ竹林場へ、お待ちしておりました。無理をせず気楽に活動下さいませ。

尚、お花様グループの客人3名様が見学に来て、竹林を一層、賑やかして頂き、坂の上の雲、デズ

ニーのお菓子のお土産を頂きご馳走様でした。

フイールド上のテーブルはA級B級グルメ盛りだくさん有り、料理長のSさん何時もお世話に成ってい

ます。ご馳走様です。

竹の伐採、運搬、枝落とし、竹割、積みつけ、焚口の火のお守り、各人持ち場持ち場でスムースに

安全に活動が出来た最高の初窯出しの一日でした。有り難う御座いました。

投稿: EM菌の竹ちゃん | 2010年12月12日 (日) 21時10分

めぐちゃん様
朝鮮王朝1910年の歴史、簡潔明瞭にありがとうございます。これで年を越せます。でもね、年を越したら又、頭の中が整理出来ないの、パニック。

投稿: アスパラの母 | 2010年12月12日 (日) 19時20分

絵付き竹炭、皆様多才で発想豊かでセンスがおありで、目からウロコです。雨も良し、竹炭窯。 窯だしの炭のツヤが良いですね。

投稿: アスパラの母 | 2010年12月12日 (日) 19時05分

ふうちゃん様。
初めてのご訪問に感謝申し上げます。
この会員は楽しい方ばかりです。
今後ともどうかよろしくお願いします。
有難うございました。

投稿: ネンダイホリ | 2010年12月12日 (日) 17時21分

はくさん様。
この何とも言えない、表現も難しい「この思い」は同じですネ。窯出しの瞬間!。

投稿: ネンダイホリ | 2010年12月12日 (日) 17時19分

ネンダイホリ様
突然 嵐の如く現われて、お騒がせしましたのに、皆様の温かい何とも言えぬ
雰囲気に包まれ 幸せなひと時を過ごさせて頂きました。
始めて目にする光景 珍しい・嬉しい・感無量で、いささか興奮気味で はしゃぎ過ぎ
ましたね。ご勘弁を。 でも、新しい経験も出来、皆様との出会い とても嬉しゅう
ございました。又の機会にお仲間にもいれてくださいませ。
UP されてる写真を観ながら 思いだし、楽しんでおります。
有難うございました。

投稿: ふうちゃん | 2010年12月12日 (日) 16時13分

ネンダイホリさん

いつになく、子供のように待ち焦がれた一週間は長く感じられた。

それは、新しい技術で工作された一番窯から開放される竹炭を、味見 する日だったからです。
取り出された製品は期待どうり、炭の良否をきめる音色と黒光りする色もとてもよかったことで内心ほっとした。
作業効率はスムースに流れ、時間短縮は旧窯とはくらべものにならない速さにいい返事の予感はしました。

そんな竹炭冥利にひたっていたとき、女性三名の予期せぬ来訪に男性陣の視線が走った。
薄くらい空の竹炭窯広場が、急に光を灯したように明るさをまし、楽しいさと嬉しさが交差しました。
お客様からお土産も頂きました。ありがとうございました。


投稿: はくさん | 2010年12月12日 (日) 13時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 御幸寺山 | トップページ | 火の用心 »