« 竹炭窯99回目 | トップページ | 下灘串の水仙 »

2011年2月27日 (日)

砥部七折寒梅ウォーク

Feb.27.2011

Dscn5522

伊予山の辺のみちを歩こう会主催=「砥部七折寒梅ウォーク」

春まだ浅い山紫水明の地「七折」に映えて咲く紅白の梅が見ごろを迎えていた。

春の足音が近づくにつれ、かれんな梅花が周囲に甘い香りを漂わせている。梅は3分咲き?の状態。

桜もいいけれど、梅は何となく凛として、誰にも媚びず、気位高く咲いているように思われる。

陽気に誘われて、われわれ会員60名も十二分に花を楽しむことが出来た。

砥部「宮内」バス停から歩き始め、「七折梅まつり」へ。そして、七折地蔵尊のある峠を越え大谷池のほとりを森林公園へ。昼食後、伊予横田駅まで歩いた。

その間、小鳥の囀りが聞こえ、また、ヤシャブシ(夜叉五倍子)の花芽も長く伸び始め、草の芽吹きからも、春の息吹きを感じた。

M代表有難うございました。

Dscn5489

農家24戸でつくる農事組合法人ななおれ梅組合が1991年から毎年開催し、今年は21回目。
約40ヘクタールの梅園には、3~5色の花を咲かせる「五色梅(ごしきうめ)」や、白い花をつける「七折小梅」など約30種、約1万6000本が栽培されているとか。

長寿のシンボルといわれているが、実際の寿命は300年くらいらしい。

参加の皆さん元気、元気、元気ハツラツ!!!。梅にも負けていません。

梅か枝に あれ鶯が 鶯が  子規(明治30年)

◎《伊予山の辺のみちを歩こう会主催》

   これからのウォーク開催日

◆3月13日/「チャレンジウォーク2011『北条三山めぐり』」

◆4月03日/「お花見ウォーク・パートⅠ」=動物園、こどもの城、池などを周遊。ソメイヨシノを愛でる。

◆4月10日/「お花見ウォーク・パートⅡ」=愛媛の名桜「久尾のエドヒガン」の観賞など

|

« 竹炭窯99回目 | トップページ | 下灘串の水仙 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

konaさんへ
土曜日と好天に恵まれ、車の洪水?でした。

投稿: ネンダイホリ | 2011年2月27日 (日) 21時37分

ネンダイホリ様
お天気に恵まれた「砥部七折れ寒梅ウォーク」紅梅が青空に映えて綺麗です~
梅は三分咲きですか
甘い香りがここまで漂うってきそうです
3~5色の花を咲かせる「五色梅(ごしきうめ)」は見たことないです
七折れは何年か前に1度行きました
また行ってみたいです


投稿: kona | 2011年2月27日 (日) 21時30分

EM菌の竹ちゃん様。
「梅茶と梅のシロップ」。七折の味で元気百倍!!!

投稿: ネンダイホリ | 2011年2月27日 (日) 20時46分

アスパラのお母さんへ
理正院の裏山がピンクに染まる頃、訪ねてみたいです。

投稿: ネンダイホリ | 2011年2月27日 (日) 20時44分

はくさん様。
好天に恵まれてよかったですネ。

投稿: ネンダイホリ | 2011年2月27日 (日) 20時42分

ネンダイホリ 様

「砥部七折れ寒梅ウォーク」会の60名が砥部までバスで行き、ストレッチ体操を何時ものKさん指導の元実施した。その後

、砥部のコンクリート歩道の坂道を登り、広大な梅園に着く、私は始めての梅園であり興味津々でした。

16000本の紅白の栽培とは凄い!!農家24戸がつくる農事組合法人、ななおれうめ組合、ココの農家

の方は村おこしに成功している素晴らしい頭の持ち主だ!!大勢の観光客を誘い出し、梅加工品、農産

物等を販売しているのに驚いた。尚、ラジオ南海放送でも頻繁に宣伝しているのを聞くこと有り・・・

先ず、会場に入園(300円)して無料サービスの梅茶と梅のシロップの接待を受けた。絶品の味、

ご馳走様でした。携帯に紅白の梅を写真の撮り、記念とする。会場では持ちつき大会等で賑わっていた。

梅園の紅梅の前で全員集合記念写真を撮り、砥部を後にした。伊予市へ山越へをしてJR横田駅より

松山へゴーホーム。本日は寒梅ウォークを一杯堪能した楽しい一日でした。お世話下さったM代表に

感謝いたします。 有り難う御座いました。

因みに、24120歩、3:20、14,46km、827kカロリーでした。

投稿: EM菌の竹ちゃん | 2011年2月27日 (日) 19時30分

「山紫水明」の地、この一言。
遠くの山が霞んで、又美しい景色でした。桜、桃のピンクに染まる砥部の里も、もうすぐね。

投稿: アスパラ | 2011年2月27日 (日) 19時17分

ネンダイホリ様

春の陽気と風に恵まれ、うめの花までが香りをまき応援してくれましたウォークに、「疲れました」の言葉が、一目散で風が消してくれました。

「ココには約70種類もあります」と言われ、隣の木をさし「この白い花が七折小梅よ」と教えてくれました。
また別な係員は「ココから上に見えるS字カーブの付近では入園料が無料の場所があります」と親切に入園後?に教えていただいた。

60名の会員さんは上りも苦にせず、足取りも軽く談笑とうめの匂いに足まんぞく。嬉しいひと時でした。ご参加の皆さんご苦労さんでした。

さ~あ来月は短かった1年間の最後の【チャレンジウォーク】が控えていますよ、気力と脚力で若さを発揮しましょう。
参加されるんですか?・・・日頃から調整して、挑戦しますよ。身体にネジを巻き頑張ります。

投稿: はくさん | 2011年2月27日 (日) 17時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 竹炭窯99回目 | トップページ | 下灘串の水仙 »