« 大久野島散策 | トップページ | 内川に架ける橋 »

2011年6月29日 (水)

雷雲・龍

南海上に中心を持つ高気圧の勢力は強力。梅雨前線が消されてしまっている。

今日も極暑。

祈!!!。ご訪問の皆様、「消夏法」を教えて下さい。

青空が高く澄み渡っていたその時。

雷雲を制して龍が激しく躍り出た。

Dsc02710_2

重信川の河川敷には、黄色のハルシャギクに交じって真紅もボツボツみられた。

J0227687_2

Dscn2469

|

« 大久野島散策 | トップページ | 内川に架ける橋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ふうちゃん様。
おはようございます。
メガネのおかげで遠くが見えました。
こうしたチャンスは、後にも、先にもないのでは…と、思っています。
それはさておき、ふうちゃんの頭は柔かく、心が広く、好奇心をもって何事にもチャレンジしていることに、自然と頭が下がります。
深夜のご訪問、まことに有難うございました。

投稿: ネンダイホリ | 2011年6月30日 (木) 07時38分

ネンダイホリ様
素晴らしい入道雲ですか。珍しいですね、
短いチャンスを良く捉えられたものと感心しました。
そのうえ、竜が躍り出て・・・着想が素晴らしい!
ちゃんと それなりの姿に見えましたよ。
元気で勇ましい竜 いいですね。
見てて、何だか元気が溢れてきました。
有難うございました。

投稿: ふうちゃん | 2011年6月30日 (木) 01時13分

はくさん様。
一宮神社の前の仮道路上から撮りました。
はくさんの言葉どおり、ジェット気流の影響かすぐ消えました。

投稿: ネンダイホリ | 2011年6月29日 (水) 17時24分

ネンダイホリ様

躍動感のある入道雲は夏の空に見せ場をつくります。

そこに現れました上り龍・・・薄らとその巨体を写しだしています。
頭部から目や口に胴体と、とどめは尻尾まで。よく似ていますね。

上空は風が強く薄い雲ほど瞬間にながされてしまいますが、短いタイミングのチャンスを捉えられています。
連日の雲の映像を創造される眼力は、普通の方に通じません。
明日から下でなく、上を向いて歩いてみよう。けつまずいて転びますよ。

この暑さに、夏野菜は元気をなくして葉が萎れ水分を欲しがっているのに、綺麗に見せる花は態度であらわしていません。
それは、葉であり茎であり根などが水源の役目をしていますが、暑さの程度にもよります。
夕方には放水をお願いします。水も大切に。

投稿: はくさん | 2011年6月29日 (水) 16時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大久野島散策 | トップページ | 内川に架ける橋 »