« 麦秋のごろ | トップページ | 梅雨期を彩る »

2011年6月 7日 (火)

市民サイクリング大会

松山市サイクリング協会主催。愛媛新聞社などが後援する「第83回『松山市民サイクリング大会』」は、河野一族ゆかりの「風早の地」へ・・・・・。爽やかな汗を流した。

【目的】規律と交通規制に徹し、「市民の友愛」と「体力の増進」、団体活動のマナー向上。

松山市堀之内の城山公園と同市大浦、道の駅「風和里」を往復するコース。

参加者は、ベテラン愛好者から家族連れまで約110人(3歳から79歳)。

曇天の一日だったが、一般コースと、健脚コースの2ルート。

班別に分かれ、先導者とルートの交通案内者など、至れり尽くせりの役員案内で、安心のサイクリングとなり、思い思いのスピードでペダルを踏んだ。

参加者の中には、お母さんが3歳のお子さんを前の荷台に乗せてエントリー。最高に偉い母親の愛情が見られた。感服した。

|

« 麦秋のごろ | トップページ | 梅雨期を彩る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事