« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月30日 (金)

年の暮れ

去年よりも 今年ぞをしき 来年は  子規

今日は晦日。

今年も心尽くしのコメントで、お力添えや、想い出をいただき感謝・感激、いっぱいでございます。

ありがとうございました。

「よいお年を」。

「ぜひ」という言葉を加えて…。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...

年末の重厚な夕日「行かないで・・・・・・・・」。

2

オリジナル スマイル  詞 森浩美

山程ムカつくこと 毎日あるけど

腐ってたら もうそこで終わり

笑顔抱きしめ ココロに活力

腹の底から 笑いとばせ

女神がくれた 最高の贈り物

生れつきの笑顔に戻れ!

笑顔抱きしめ 悲しみすべて

街の中から消えてしまえ

晴れわたる空 昇ってゆこうよ

世界中がしあわせになれ!

◎今年の終わりもラッキーカラーで・・・・・。

◎2012年も、“福運”がいっぱい!!!Rscn7705Photo_9Photo_7

| | コメント (6)

2011年12月25日 (日)

白美人

今朝の最低気温は平年より1.1度低い2.6度。

以前、「椿まつり」で買ったサボテン。

毎年、クリスマス前後にツボミが開いてくる。

サボテンの種類は、8千とも、1万以上とも、言われている。

             ↓マウスオン↓

このサボテンは、「かわいこちゃん」・「きれいな娘さん」、それを言い換えて「白美人」とも名前がついている・・・・・。

Rscn7257

                ↓シャコバサボテンが舞う。

000013

| | コメント (8)

2011年12月23日 (金)

道後村めぐり

先日、県歩け歩け協会主催・参加人員約90名の中の一人として『道後村巡り』に参加した。

出発地点【放生園⑬(近郊コース)】=標高約40メートル=【義安寺⑭(郊外コース)】【石手寺⑮(郊外コース)】【へんろ橋⑲(郊外コース)】【東野お茶屋跡⑱(郊外コース)】【岩堰=赤橋=⑰(郊外コース)【風土記の丘⑯(郊外コース)】=標高約108㍍=から出発地点に戻る。

定例ウォーク欄に《平成23年度も終わりです。会員の皆さん ご協力感謝 よいお年を!》の挨拶記事。

そういえば今年はウサギ年だった。グゥ~グゥ~と寝る間もなく急ぎ早い。

この会は開けて15日に東温市内の「重信川泉巡り」。

お立ち寄りの皆さん、強い冬型の気圧配置になっています。

「御身大切に…」を願っています。

Dscn7088

山門から階段を下りると岩堰からの川が流れている。その昔、ゲンジボタルの住み家だった。

Dscn7090

           皇帝ダリア、皇帝ヒマワリを横目に石手寺へ。

Dscn7093

            石手寺境内から弘法大師像を見上げる。

Dscn7104

   ↓閑古鳥 竹のお茶屋に 人もなし  子規 (安倍能成 書)

中七の「竹のお茶屋」(県指定史跡)は、松山藩主松平定行が、竹だけで作った茶室で、裏千家千宗安作。

Dscn7116

                   岩堰の赤橋。

Dscn7143

| | コメント (2)

2011年12月22日 (木)

冬至

今日、22日は冬至。

【冬生じ 夏枯る】と、ある。

 ◎日一分 一分ちゞまる 冬至かな  子規

北高東低の気圧配置になって寒さが増してきた。

今回、来日した北風小僧の寒太郎の滞在期間は5泊6日の予定だそうです。

ご訪問の皆様、インフルエンザが流行の兆し。乾燥注意報も出っ放し。

どうか体調管理にはくれぐれも気をつけて下さいませ。

   ○o。+..:*○o。+..:*。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚○o。+..:*○o。

日の出のピークは、01月07日より1月10日迄は今日から5分遅くなり07時15分になる。

日の入のピークは、11月30日から12月10日迄は17時00分だったが、5分遅くなっている

◆参考まで・・・。来年、夏至でのピーク 日の出が4時57分/6月11日から3日間。 日の入は19時24分/6月24日より7月04日まで。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

日の出の写真は「寒さ」にかまけてサボり、日の入りを撮る。

Dscn7196_2

冬至の頃に咲くパッシフローラ・アラータ。

ブラジルのアマゾンが原産。

(学名はPassiflora alata。英名はWinged-stem passion flower)

花き研究指導室のハウス内で撮る。

Dscn6932

| | コメント (4)

2011年12月15日 (木)

12月半ば

14日の最高気温は10月下旬並みの16.4度。

重信川の南堤防では季節外れのマツヨイグサの花が咲いている。

Dscn6783_2

30年ぐらい前の今ごろ、石鎚は白銀の化粧をし輝いている姿が、ここ赤坂の泉付近から、橋の向こうに見られた。いまは霞に覆われ山並みさえ見えない。

Dscn6777_2

花きセンター研究指導室の圃場でも、ハウス内のバラに負けまいと寒バラが咲いている。

Dscn6930_2

竜王休憩所には大きなヤマザクラが数本ある。全部葉をなくしているが、「花芽」は厳冬に備えて固く閉ざしたまま。来たるべく春を待っている様子。

また、標高300㍍付近の朝の寒さは尋常でないかと思うが、その寒気に耐えているカマキリは倒木に寄り付いたまま。これから何をしようとしているのか、前足のカマを持ち上げもせず、グッと握りしめたポーズはくずさなかった。

Dscn6471_2

マルバシャリンバイの黒い実が集団になって付けている。

ゴールデンウィークの頃には白い花を咲かせていた。

Photo

| | コメント (2)

2011年12月14日 (水)

香川へハイキング

第278回「県民ハイキング」。(愛媛県山岳連盟・主催)

目的の山【立石山~竜王山】

風弱く、〝冬〟の感じがしなかった。

目的地まで、ミカン畑あり=園主は「ご自由にどうぞ」と「お接待」の心いっぱい!=。

植林の中では急登あり。そして、舗装もあって何でもありのコースだった。

全国に『竜王』と名の付く山座は62座。その中で讃岐山脈の竜王山(1013㍍)は征服しているが、今回のH421.6㍍竜王山は未踏だった。

山は低いが、反り返ると仰向けに倒れそうな急な坂道が結構ある。

道の駅、「とれとれ山の市・仲南産直市」では皆さん、自然薯を求めていた。

平成24年の初ハイキングは、1月22日、大山祇神社への初詣を兼ねて「鷲ヶ頭山」へ。

Dscn6410

Dscn6425

Dscn6427

Dscn6452 Dscn6457 Dscn6478

Dscn6494

| | コメント (2)

2011年12月 7日 (水)

師走の風景

畑への往復時。

【午前】 ハウス内で野菜や花類を黒いビニール状の簡易ポットで育て生産している。

その「用土」は、「土」と「焼いたスクモ」を混ぜ合わせて作るそうです。

煙と、寒太郎が持ってきた冷たい風に追われながら、その「焼スクモ」作りをしていた。

Dscn5953

【お月さん】 「10日の月」が「冬夕焼け」の前に東の空高く浮かんでいた。

山茶花は花を散らし始めている。師走は急ピッチ!!

Dscn6263

【夕刻】 真っ赤に熟れた愛宕柿が夕暮れ時に映え、時刻の移ろいを覚える。

畑に行く時は、カラスのカーコが食べに来ていたが、ねぐらに急いでいるのかいなかった。

12月07日の◆日の出=07時00分  ◆日の入り=17時00分

「夕暮れ時」の写真、コンデジでは自然の光を取り入れるのが難しい。

     むつかしき 辭表の辭の字 冬夕焼  富安風生

Dscn6002

Dscn6008

| | コメント (2)

2011年12月 5日 (月)

恵良山へ

【山楽会】主催。《恵良山ハイキング・忘年会》

JR北条駅から北に鎮座する恵良山(305㍍)が今回の目的地。

Dscn6044

耕作されているキャベツ畑や、みかん畑を左右に見ながら、恵良山へ…。

Dscn6041

恵良山は、上部が烏帽子のように立ちあがった山容をしていて、烏帽子山、あるいは冠山と呼ばれた。

鳥居をくぐり、石段を上り切ると、林の中はジグザグの道。オマケは、デコボコになっていて急登が続く。

Dscn6068

山頂直下の広場には参籠殿があり、鳥居をくぐり恵良山神社から山頂へ。

参籠殿裏から岩が累々と立ち上っている。鎖場ではしっかりと岩を踏み、鎖を掴んで慎重に上り詰めると、石鎚信仰のシンボル石祠「石鎚権現」がある。

Dscn6076
ピークから市街地や、太陽が降り注ぐ地点ではエメラルドグリーンの海も展望出来て感動の一瞬

Dscn6090

恵良城跡(県史跡)は河野氏の高縄城の支城であった。山頂では黄色のキクが満開で出迎えてくれた。

腰折山への縦走を予定していたが、雨上がりで滑りやすくなっており、事故でもあれば大変。やむなく断念した。

Dscn6173

イブキビャクシンは山頂部1㌶にわたり大木が残っている。

鎌大師堂参拝後は、立岩川の堤防から、県道20号線、そして最終目的地の北条港付近の『シーパMAKOTO』までウォーク。

Dscn6097

天然温泉でゆっくりと心も体も癒した。

湯上りは、瀬戸内の絶景を眺めながら、ゆったりした和食処「紫苑」で忘年会。

自慢は地物「海の幸」料理。旬の美味しさが舌の上で踊る。その中には大人気の「鯛めし」。

今年1年を振り返り、「来年度も楽しいハイキング」を願って乾杯。

Sさん、これからもどうか宜しくお願い申し上げます。

1年間ありがとうございました。

Dscn6061_2

2012年01月14日(土)は、初詣を兼ねて、坂出市内「五色台四国の道『根来寺』・『白峯寺』」などハイキング。 =高低差400㍍=・=実働時間は5時間= 

    +*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

   らしい年 のように んどん昇り やくんあるのみ

    +゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+

| | コメント (6)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »