« 端午の節句 | トップページ | 初夏の石鎚山 »

2012年5月13日 (日)

来島、小島に歴史を訪ねる

昨日は晴天に恵まれた。

Yさんグループ皆さんの温かいご理解でご一緒できた。

大きな幸せを感じながら薫風に押されて「来島」・「小島」に歴史を訪ねる。

昼食時、ブランディーのコルク栓が開くと同時に、その特有の香りが一面に広がり、高級バーにいる感じ。

ある方が弁当を開けて「アラッ箸が無い」。その言葉にすぐ助け舟が出る「ハイどうぞ」と…。このグループの和気藹々さが分った。

歴史遺産が沢山残るこれらの島で先人たちの御苦労を偲ぶ。

1899年(明治32年)小島砲台の基礎工事着手。

1902年(明治35年)砲台完工

1903年(明治36年)秋山真之は連合艦隊・三笠の参謀。秋山好古は騎兵第1旅団長となる。

1904年(明治37年)日露戦争始まる。この年11月18日小島砲台28㌢榴弾砲6門、送り出し命令

1922年(大正11年)閣議で砲台廃止決定

1970年(昭和45年)小島の道路整備や砲台跡の補修など小島を「来島海峡」の楽園、市民の憩いの場とする整備計画発表。

2000年(平成12年)「小島砲台顕彰事業」として、顕彰碑の建立。火力発電の屋根修復

2003年(平成15年)文化庁近代遺跡(軍事に関する遺跡)地域別詳細調査対象物件選定

2004年(平成16年)小島砲台跡、詳細調査の対象物件に入る。

2005年(平成17年)文化庁による「軍事に関する近代遺跡」の詳細調査の委嘱を受けた東大大学院鈴木教授により行われた。

2009年(平成21年)11月、しまなみ海道10周年記念イベントの一つとして小島砲台顕彰事業シンポジュウム開催。

現在に至る。

「来島」の周囲を850㍍に訂正。(8キロになっている)

 

|

« 端午の節句 | トップページ | 初夏の石鎚山 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

konaさんへ。

そうです。参加者11名。その内2名様だけは知人。

この方からのお誘いで参加しました。

とても楽しいユーモアのある「山行」の仲間です。

全員が山行スタイル。私だけピクニックスタイル。

おかげ?で、紫外線が首筋に容赦なく当って、風呂に入ると痛いです。

投稿: ネンダイホリ | 2012年5月14日 (月) 08時33分

ネンダイホリ様

はじめてのグループ参加でしたか?

来島 ・小島は見るだけで行ったことありません

貴重な歴史一杯のムービーで拝見できました

有難うございました

投稿: kona | 2012年5月14日 (月) 05時51分

teruekoさんへ。

その通り、お弁当は最高に美味しかったです。

砲台の費用は当時のお金で30万円。発電所のレンガはドイツ製だそうです。

司令塔(現在は展望台・昼食をした場所)の地上部分は人口爆破され、分厚いコンクリートの壁が残っています。また、おっしゃる通り部分的に修復されています。

夜遅くのご訪問ありがとうございました。

投稿: ネンダイホリ | 2012年5月13日 (日) 22時25分

ネンダイホリさま

来島・小島の歴史を勉強させてもらいました。
歴史にも弱いもので 知らないことばかり…(;;;´Д`)ゝ

弾薬庫のれんが?は綺麗に見えますが 修復されているのでしょうね。
青空のもと 心地よい海風を受けて お弁当もさぞ美味しかったでしょう

投稿: terueko | 2012年5月13日 (日) 21時47分

はくさん様。

元気なはくさん、そしてユリノキ。

こちらは2島でふうふうの態です。

ご訪問ありがとうございました。

投稿: ネンダイホリ | 2012年5月13日 (日) 16時50分

ネンダイホリ様

今年も今治方面が賑やかそうですね。

空に海の色が似ています12日は、よく晴れた一日でした。
波止浜で乗船したらもう「来島」、「小島」も近しですね。
歴史の勉強が興味津津と伝わってきます。
見聞を広めるネンダイホリさん、次回の訪問は観光ボランティアをお願いします。

数年前のこの頃、背の高いユリノキを探しに、葉の画像をしのばせて松山中央公園の広場に。

新緑の葉が勝るため、、ひかえめな小花は目立ちませんが、でも、
いじけづに咲かせてくれて、可愛いですよ。
でも、上向きに咲きますから好きな蕊をみることはできませんが、まだ、
元気な姿をしていました。

投稿: はくさん | 2012年5月13日 (日) 16時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 端午の節句 | トップページ | 初夏の石鎚山 »