« 松山城 | トップページ | 端午の節句 »

2012年5月 3日 (木)

三継ぎ獅子

Photo


最初にお断りします。

 取捨選択もせず、無味乾燥、荒唐無稽で、「枯れ木も山の賑わい」的な作品となり、誠に申し訳ありません。平身低頭して謝ります。

ご用とお急ぎでない方は、一服なさっておいでなさいませ。

「千服吸っても立ち煙草、隣が火事でも、まずは一服」と申します。

わけても近頃のように、「生き馬の目を抜く」淋しい世の中。時には目抜きならぬ息抜きをして、『.命の洗濯』をなさらなくては、お体に毒でございます。

西洋にも、「日曜日に『一杯機嫌』にならない奴とは、月曜日に握手するな」と、休むべき時に休めないようなケチなやからは、「ともに謀るに足らず」と、さげすんだ諺もございます。

いや、これはどうも。「長口上は欠伸の種」。

早速ながら、お目にかけますのは、「三継ぎ獅子舞」。うまく揃いましたら、お慰み。

晴天に恵まれた厳島神社の春祭りに、親せきから招かれて観賞に出かけた。

伊勢神宮の流れをくみ、300年の伝統がある愛媛県指定無形民俗文化財。高部獅子舞保存会による『三継ぎ獅子舞』。

全国獅子舞大会や、NHK紅白歌合戦に出演した先輩に負けまいと、40日間余り境内で汗を流し練習した。

その甲斐あってか、大太鼓、小太鼓の軽やかなリズムと合体、大人の肩の上で2人、3人と継ぎ獅子を披露。見物客からその度、割れんばかりの大拍手をもらっていた。

また、演技をする度毎に、大人の肩と、お子さんの足の接点に日本酒をかけて清めるとともに、安全を祈願。

獅子児は、最上段で鈴を手に、扇子を足にして大胆なポーズを決めると、観客からウォーという歓声が湧く。

変装して大きな草履を履いた人情味のある狩人は、見学しているお子さんに沢山のお菓子を振る舞っていた。

 

|

« 松山城 | トップページ | 端午の節句 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

すみれさんへ。

わが懐はビデオカメラを買う余裕はありません。

コンデジで我慢しています。

いつも建設的なコメントを頂き有難うございましす。

投稿: ネンダイホリ | 2012年5月 7日 (月) 20時00分

ネンダイホリ様
「三継ぎ獅子舞」ひめぎホール・・文化祭 だったと思います。見たことあります・・
素晴らしいと感心したり感動したりしていまいた。

ま~あ・・・小学生でしょうね・・一番上の段そこで演技をするのだから・・手に汗をして見ていました
それを支える大人・・信頼関係抜群でしょうね・・

にもいろいろの獅子舞がするのですね。これは初めて見ました。

ビデオカメラで撮ったのですか?とても上手に撮れていますね・・長時間撮ってそして編集大変でしたでしょう
15分弱の「長編ドラマ」・・楽しみました・・有難うございます

投稿: すみれ | 2012年5月 6日 (日) 21時41分

konaさんへ

私も初めてです。

太鼓に合わせて、手に鈴、足に扇子の演技に拍手するのも忘れ、見惚れていました。

朝早くのご訪問ありがとうございました。

投稿: ネンダイホリ | 2012年5月 5日 (土) 08時48分

のぶりんさんへ

私は、お子さんの真剣な演技に圧倒されました。

夜遅くのご訪問ありがとうございました。


投稿: ネンダイホリ | 2012年5月 5日 (土) 08時45分

ネンダイホリ様


「三継ぎ獅子舞」初めてみました

40日の練習大変だったと思います

肩の上に乗るだけでも大変なのにお囃子などしながら・・・・・

ムービー編集で貴重な獅子舞を拝見しました

投稿: kona | 2012年5月 5日 (土) 06時29分

ネンダイホリ様
珍しい無形文化財の三継獅子舞初めて見ました
これは相当バランス感覚のある人でないと 出来ませんね
40日の練習で素晴らしいと思いました 一番上の子供さんの演技の時
歓声があがるの うなずけます 見ていてもハラハラ ドキドキしました
有難うございました

投稿: のぶりん | 2012年5月 4日 (金) 22時33分

はくさん様。

そうですネ。

お子さんたちを大切に見守っていました。

「コケタライカンケン横ニネサシトルンヨ」。

長い道のりです。お気を付けて下さいませ。

ご訪問ありがとうございました。

投稿: ネンダイホリ | 2012年5月 4日 (金) 20時07分

ネンダイホリ様

練習を重ねると息もピッタリですね。
派手な衣装を身につける継ぎ獅子舞は始めてです。
一番上の子供さんは足に扇子、手には鈴とはバランス感覚、抜群ですね。
見物される方のほうが足が震えるます。

郷土芸能を演じる後継者の高齢化に、地元の苦労話が聞こえてきますが、
青年や子供達にバトンタッチに一安心ですね。
ネンダイホリさんの素晴らしい動画、見ごたえがありました。拍手拍手拍手。
継ぎ獅子舞の子供に負けず、19日のために足の練習に励みます。

投稿: はくさん | 2012年5月 4日 (金) 16時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松山城 | トップページ | 端午の節句 »