« 梅雨前線活発? | トップページ | 雨に恋して出歩く »

2013年6月25日 (火)

蝸牛ほか

富士には松原。天女には羽衣。欠けてはならぬもの

文化遺産。見た目の整備のみならず、たゆまず守る心も…。

《蝸牛(ででむし)や 雨雲さそふ 角のさき》 子規

Photo_3

 「カトレア・カガリビ」。名前からして暑苦しいですが…  

Dscn0128111
重信川や内川の堤防を歩くと、梅雨空を吹っ飛ばしてくれる花々に出合う。 チョッとデジカメのレンズを向けた。

Pattern_010

Photo

|

« 梅雨前線活発? | トップページ | 雨に恋して出歩く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

konaさんへ。

キノコは雑草に見え隠れしながら生えていました。

朝からのご訪問ありがとうございました。

投稿: ネンダイホリ | 2013年6月26日 (水) 11時23分

ふうちゃん様。

葛の葉っぱの上で這っていました。

ご訪問ありがとうございました。

投稿: ネンダイホリ | 2013年6月26日 (水) 11時21分

はくさん様。

昨年に引き続き今回も貴重な講義に感謝します。

ご訪問ありがとうございました。

投稿: ネンダイホリ | 2013年6月26日 (水) 11時20分

ネンダイホリ樣

大きなカタツムリ~~お散歩しないからあまり見かけません

蝶 露 キノコ~~散歩楽しいですね

投稿: kona | 2013年6月26日 (水) 06時24分

ネンダイホリ樣

またまた、随分アップされました事、表現いいですね。

カタツムリ雨と共に庭で遊んでいます。つつくと殻に閉じ篭り

やはり、大きく育つとお家の引越しですか?お利口ですね。

投稿: ふうちゃん | 2013年6月25日 (火) 21時03分

ネンダイホリさま

梅雨のころにはカタツムリを見かける機会が多いですね。

テレビで中国は「かたつむりの家」が多いと言う話題でしたが、
その理由は、「狭苦しい家」の例えでした。

ネンダイホリさんが撮られたカタツムリは可愛いですよ、
殻からでた体になが~い二本の角を出し、先端には黒目が光っています。
この貝は左巻き、それとも右巻きでしょうか?。

見分ける方法の一つは、口を下にしたとき右側にあると右巻きで、画像も同じようです。
日本では左巻きは少ないそうです。これで中学の理科の時間を終わります。
くれぐれもご注意を、渦巻きを見てめまいをおこしません様に。

投稿: はくさん | 2013年6月25日 (火) 16時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨前線活発? | トップページ | 雨に恋して出歩く »