« おたやんは美人の象徴 | トップページ | 椿サミット »

2014年3月 5日 (水)

仏都 高野山へ

四国八十八ヵ所のみちは、やはり高野山へ続いておりました。

日本が生んだ偉聖弘法大師によってはじめて開かれた日本仏教の一大聖地「高野山」へ、表参道である「町石道」をたどる。

ふもとの九度山慈尊院から山上の奥の院まで、1町おきに並ぶ町石卒塔婆をたどり、弘法大師の御心にふれる、興趣豊かなコース。

私は往復ともバスを利用。

大門には、左右に金剛力士像が仁王立ち。壇上伽藍は根本大塔。

残雪いっぱいの祖山高野山に春を運ぶ霊場開きと招福厄除祈願。

金剛峯寺の駐車場で行われた荘厳な「高野の火まつり『柴燈大護摩供』」にお参り。

慈尊院側1町石

Dscn0043b

奥の院側1町石

Dscn0030a

|

« おたやんは美人の象徴 | トップページ | 椿サミット »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ふうちゃん様。

「柴燈大護摩供」私も初めてお参りさせてもらいました。

先月末の雪が残っていて、見るだけで〝寒さ〟が倍加しました。

ご訪問ありがとうございました。

投稿: ネンダイホリ | 2014年3月 6日 (木) 14時16分

ネンダイホリ様

高野山計数回も行きましたが、きつかった~一度は桜咲く頃なのに

珍しい吹雪に見舞われ震えたことも・・・

『柴燈大護摩供』良かったですね。お蔭で火祭りじっくりと拝見でき

始めてでした、他、懐かしく見せて頂きました。有難うございました。

投稿: ふうちやん | 2014年3月 6日 (木) 10時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おたやんは美人の象徴 | トップページ | 椿サミット »